福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

ヘッダー営業時間
ヘッダー電話番号
ヘッダーメール問い合わせ

HARERUのロゴ

骨といえばカルシウムって言うけど・・・本当に?


前回の記事では、骨の意外な働きについて紹介しました。

体を支えるための支柱として存在するだけではなく、血液を作るという重要な働きもしていましたよね。

骨はただの硬い棒ではなく、生きていて骨の内部ではせっせと仕事をしているのです!

そんな骨もせっせと働いている以上、元気な時もあれば疲れているときもあるはずですよね。

血液を作るという大事な働きをしている骨ですから、できれば元気に働いてほしいと思いませんか?

今回は、骨に元気に働いてもらうための方法を紹介したいと思います!

14563338_741161446024629_9197079385654806780_n

 

 

骨といえばカルシウムって言うけど・・・

カルシウムが骨を作る!!という知識が一般的にあると思います。

しかし、カルシウムはそれだけではなく、人が生きていくうえで、さまざまな重要な働きをしています。

その一つが「筋肉の収縮」です!

人は体を動かすときに、さまざまな筋肉を縮ませたり伸ばしたりしています。

立つとき、座るとき、歩くとき、さらには、心臓が常に動いているのも筋肉が”縮んで伸びて”を繰り返しているからなのです。

その「筋肉の収縮」ですが、実はカルシウムイオンの濃度の変化によってコントロールされているのです!

つまり、カルシウムのおかげで様々な動作を行ったり、内臓を動かしたりすることができ

る!ということ。

人の体にとって必要不可欠なカルシウムですが、体内に約1kg存在しています。

そして、その99%をなんと骨でたくわえているのです!

そして、必要に応じてカルシウムを血液へ出し入れしています。

14712578_741161486024625_3030565665995824775_o

骨はカルシウムを貯めておく場所、「カルシウム銀行」と言えます。

銀行には貯蓄があればあるほど、安心して生活できますよね。

 

 

カルシウム銀行に貯蓄が多ければ多いほど・・・

病院でレントゲンを撮ると、骨が白くうつっているのをみなさんも見たことがあると思います。

14711575_741161512691289_4651565819612364558_o

これは、骨にたくわえられているカルシウムが白くうつっているのです。

このカルシウム銀行にカルシウムの貯蓄が多ければ多いほど、骨太な「骨密度が高い」骨であると言えます。

逆に、カルシウム銀行にカルシウムの貯蓄が少ないと、骨はもろく壊れやすくなってしまいます。

すると、軽い衝撃を受けただけでも骨折してしまったりするのです。

これらの理由からもカルシウム銀行の貯蓄を増やしておきたいですよね。

 

カルシウム銀行に貯蓄を増やす方法とは・・・

「よしっ、カルシウム銀行に貯蓄をためるため、牛乳を飲みまくろう!!」

というあなた!

ちょっと待ってください!!

骨にカルシウムを貯めるためには当然カルシウムを摂取することが大事なのですが、もっと大事なことがあるのです。

それは「重力」です!

骨は血液が運んでくるカルシウムを吸収したり、使い古したカルシウムを破壊したりを繰り返して新陳代謝を行っています。

この骨に重力がかかる、つまり骨にドスンと重みがかかって刺激が入るとします。

すると、骨は「もっと丈夫に骨を作らないと!」と判断し、よりカルシウムを吸収しようとします。

つまり、骨に重力の刺激を与えるとカルシウムの吸収能力が高まり、より元気で健康な骨になるというわけです。

いくらカルシウムを摂取していても、骨に重力の刺激を与えないと、骨はカルシウムを貯めこもうとしません!

しっかり、歩いたり体を動かしたりして、骨にカルシウムを吸収させることが大事になってきます。

14706914_741161592691281_5036991642965284442_o

地球上では重力がつねに働いているので、何か体を動かす動作をすれば骨に重力の刺激を入れることができます。

しかし、無重力空間に滞在する宇宙飛行士は、骨に重力の刺激が入らないので、どんどん骨量が減ってしまうと言われています。

 

また、50~70代の女性が歩く歩数を2割増やしたところ、骨量が5%増加したという報告もあります。

運動をすると、重力が刺激となって骨を元気にしてくれます。

毎日、頑張って働いてくれている骨に感謝しながら、重力の刺激を与えてあげられるといいですね。

 

ハレルでは、自分の身体に刺激や、重力を感じさせるためのトレーニングも行っています。

自分の身体しか使わないのでケガのリスクや、オーバーワークを予防できます。

また、継続することによりより動かしやすい自分の身体を手に入れられること間違い無しです!!

runner

 

不安がハレれば、毎日がハレル♪
未病リハビリセンター ハレル
〒811ー0206
福岡県福岡市東区雁ノ巣2丁目23−30
📞;092−410−5862
LINE@:@weo9477q

 

ハロウィンキャンペーン実施中!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-18-01-38

 

 

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.