福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

ヘッダー営業時間
ヘッダー電話番号
ヘッダーメール問い合わせ

HARERUのロゴ

自律神経失調症と未病


sub-top-1

 

 

誰もが1度は「自律神経失調症」という言葉を聞いたことがあると思います。

これは自律神経のバランスが崩れておこる一連の症状の事です。

具体的には頭痛、肩こり、便秘、下痢、動悸、冷え、発汗、のぼせ、立ちくらみなど。誰もが1度は経験した事があるのではないでしようか?

未病と自律神経失調症は密接に関係していて、先ほど述べたような症状は、病院に行っても原因がはっきりしない方がほとんどです。

では、そもそも自律神経とはなんなんでしようか?

神経は大きく「自律神経」と「体性神経」の二つに分かれています。

「手をにぎれ!」というように、自分の意志で命令を出して動作を行うときには「体性神経」が使われます。

一方、「自律神経」とは自分の意志とは無関係に動作を行う際に使います。

自分の意志とは無関係・・・とはどのような動作があるでしょうか。

例を挙げると、

「眠っている時に呼吸する」

「血液を流す(心臓が動く)」

「胃で食べ物を消化する」

「腸で栄養を吸収する」

「老廃物や疲労物質を集めて便や尿で排泄する」

などなど。

これらの動作は頭で考えて行っているものではなく、自分の意志とは無関係に行われていますよね。

これら生きていくうえで欠かすことのできない体の活動が「自律神経」によってコントロールされているのです。

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.