福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

ヘッダー営業時間
ヘッダー電話番号
ヘッダーメール問い合わせ

HARERUのロゴ

『筋肉が増えるとやせる』って言うけど、それってホント!?


年末年始、ゴロゴロしては飲んで食べての繰り返し。

正月太りしてしまったという方も多いのではないでしょうか。

 

冬は寒くて外に出るのもおっくうになるし、体型維持しにくい季節ですよね。

さて、書店のダイエットコーナーに行くと、膨大な数のダイエット本が置いてあります。

「食事内容」「食べ方」「ストレッチ」「運動」などなど。

さまざまなアプローチでダイエットする方法が紹介されています。

 

これらのダイエット法、どれが自分に合うのかは、人それぞれ違うかもしれません。

しかし、「ダイエットの基本」はどのダイエット法においても同じなのです。

この「ダイエットの基本」を理解して行うダイエットと、理解せずに行うダイエットでは効果が大きく異なってきます。

では、その「ダイエットの基本」とは一体なんなんでしょうか。

基本は全く難しいことではなく、とてもシンプルなことです。

 

それはずばり、人が1日に「摂取するエネルギー消費するエネルギー

どちらの方が多いのか。

 

それだけです!

とても単純ですよね!!

しかし、この基本を頭で理解しているかがとても大切なんです。

1日に「消費するエネルギー」より「摂取するエネルギー」の方が多かったら、体重はどうなりますか?

1日で使う分以上のエネルギーを摂取すると、当然エネルギーは余りますよね。

余分なエネルギーは使い切れず、体に蓄積してしまいます。

その結果、体重は増加します。

逆に、1日に「摂取するエネルギー」より「消費するエネルギー」の方が多かったら、体重はどうなるでしょうか?

1日で摂取したエネルギー以上にエネルギーを使おうとすると、エネルギーが不足しますよね。

不足している分は、体に蓄積されているエネルギー源を燃焼して使います。

すると、体に蓄積されていたエネルギー源が減るので当然、体重は減少します。

1日の中で「消費するエネルギー」の方が多いのか、それとも「摂取するエネルギー」の方が多いのか。

この簡単な算数が、体重の増減を決めます。

では、もう一歩突っ込んでみましょう。

 

体重を減少させるには、

「摂取するエネルギー」<「消費するエネルギー」

にする必要があると説明しました。

これを実現するためには、以下の2つのアプローチ方法が考えられます。

① 「摂取するエネルギー」を減らす

もしくは

② 「消費するエネルギー」を増やす

書店にあふれるダイエット本で紹介されている方法も、必ずこのどちらかのアプローチで行われています。

たとえば、「食事内容」や「食べ方」に関するダイエット法では、

「摂取するエネルギー」を減らすアプローチで体重減少を狙っています。

 

逆に、「ストレッチ」や「運動」に関するダイエット法では、

「消費するエネルギー」を増やすアプローチで体重減少を狙っています。

みなさんがダイエットを行う際、自分がどちらのアプローチで体重を落とそうとしているのかを理解しておく必要があります。

理解しておくことで、何を意識すべきなのか、何に気をつけるべきなのかがより明確になってくるからです。

 

今回のタイトルにある「筋肉が増えるとやせる」。

ダイエットに関心の高い方は聞いたことがあるかもしれませんね。

この「筋肉が増えるとやせる」とはいったいどういうことなんでしょう?

なぜ、筋肉が増えるとやせるのでしょうか。

次回は、筋肉量とダイエットの関係について説明していきますね。

 

明日公開しますので、ぜひ考えてみてください😁!!

 

HARERUダイエットで痩せる理由!

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.