福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

「歳を重ね暑くもないのに汗が出る。」自律神経のアンバランスからかも!?

2018-05-19

ブログをご覧いただきありがとうございます!

未病リハビリセンターハレル飯塚店の奥です。

 

今日は

「汗が止まらない!」

そのような方の耳寄りな情報をお伝えしたいと思います。

□歳を重ね汗がよく出るようになった

□昔より胃のもたつきが酷くなった

□便秘をよくするようになった

 

このような症状は

自律神経のアンバランスにより起こる事があります。

 

では自律神経とは何でしょう?

 

自律神経とは簡単にいうと

「自分では動かせない神経」

のことです。

 

心臓や腸などは解りやすいでしょう。

心臓や腸は自分で「止まれ!」や「動け!」など

指示を出し自分でコントロールできません。

 

では誰が脈を速くしたり、腸を動かす指令を出しているのでしょう?

 

そうです。それが自律神経です!!

 

この自律神経が汗や胃腸の動きなど

自分ではコントロールできないことに指示を出しています。

 

この自律神経のアンバランスが

汗を過剰に出したり、胃や腸の動きを悪くしたりします。

 

ではこの自律神経は体のどこにあるのでしょう?

 

それは

背骨(脊髄)です!!

この背骨の動きが悪くなったりすることで

自律神経のアンバランスが生じ

汗が出やすくなったり便秘になったりします。

 

ハレルではその背骨に対する治療を行い

神経の通り道にゆとりを出し、

自律神経のアンバランスを解消する治療も行っています。

 

病院などでお薬を飲んでいるがあまり調子の良くない方

一度ハレルで検査してみてはいかがですか?

 

あなたのその汗や便秘の原因は

背骨

にあるかもしれませんよ!!

 

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.