福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

あなたの四十肩、放っておけば治ると思っていませんか!?|意外な落とし穴

2018-05-25

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます!未病リハビリセンターハレルの藤上です!

 

・激しい肩の痛みを抑えたい

・肩をなにも気にせず動かしたい

・肩の痛みを抑えてぐっすり眠りたい

・手術や注射、薬には頼りたくない

・服が楽に着られるようになりたい

 

このようなお悩みがあるかたは是非最後までお付き合いください。

 

まず四十肩や五十肩は、肩関節周囲炎と言って肩の関節の周りに炎症(怪我をしているような状態)が起きます。その炎症によって肩の痛み、肩の動きが悪くなります。

 

40代~50代の人に多く発症することから『四十肩』や『五十肩』の名前がつけられていますが、どちらもほとんど同じ症状になっています。

 

肩関節周囲炎の症状には「急性期」と「慢性期」があります。

 

急性期

 

ある日突然腕を動かした時に肩に鋭い痛みが発生することが多く、そのほとんどが片側の肩だけにでます。急激な痛みは数日間で治りますが、肩を動かす際の二の腕や手の先までの痛み、しびれ、眠れないほどの痛みが出ることもあります。

 

・慢性期

急激な痛みが治まると、痛みが“鋭い”ものから“鈍い”ものへ変化していき、肩の可動域(動かせる範囲)が徐々に小さくなっていきます。そし肩の関節が動かないところで固まってしまって、肩を上げる、腕を後ろに回すなどの動きが難しくなります。また、痛みにより肩の筋肉を動かさずにいるとさらに悪化します。

 

そんな四十肩・五十肩ですが、みなさんの中には四十肩・五十肩を“ひどい肩こり” と思う方もいるかと思います。しかし、肩こりは主に、筋肉の疲労や筋肉が固まることで症状が起きるもので、肩関節周辺の炎症である四十肩・五十肩とは別物です。

慢性の肩こりが悪化しただけ. . .

『そのうち治るだろう. . .』

そう思い込んで放置してしまうと、痛みで悩む期間が長引いたり、今までできていたことができなくなったり、痛みで眠れず睡眠不足や疲労感、状態が悪ければ手術を行うことになります。

 

四十肩・五十肩にも様々原因がありますがよく言われるのが、「加齢」とされています。

 

原因は完全には明らかにされていませんが、加齢による、

・関節滑膜や筋肉、靭帯、腱などの変性

・血液循環の悪化

だといわれています。

そのため、40代〜50代の中高年以降に発症が多く、

普段から運動をしている人や健康な人から、運動不足やメタボ体質の人まで生活習慣に関係なく発症します。

対して肩こりは、疲れや姿勢の悪さ、肩周りの緊張、血行不良などが原因としてあげられます。

未病リハビリセンターハレルではどのように施術をするのか!!

未病リハビリセンターハレルでは四十肩や五十肩に対して、

機械等は一切使用せずお客様に対してマンツーマンで施術斜が担当し施術を行っています。

 

私達ハレルのスタッフは全員が国家資格をもっておりお客様を個別で対応することで、四十肩などが起こった本当の原因を探ります!

そしてその原因にたいして施術を行いますので、お客様が二度と肩の痛みがおこらないよう根本から治療いたします。

 

「放っておけば治る」・「いつか治る」

こんな言葉はやめてください

病院で勤務している時にあの時きちんと病院に行って治しておけばよかったという声をたくさん聞いてきました。

 

そんな方々のために私たち未病リハビリセンターハレルはあります。

 

いつでもご連絡ください。

とにかく一度専門家に診てもたって根本から原因を治し二度と肩の痛みが起こらないようにアプローチしてもらってください。

 

【福岡で肩の痛みのことなら】

未病リハビリセンターハレル 雁ノ巣本店

〒811-0206 福岡市東区雁ノ巣2-23-30

☎︎092-410-5865

http://hareru.net/

Mail:hareru0215@gmail.com

LINE公式:https://line.me/R/ti/p/%40weo9477q

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.