福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

福岡市博多区で腰の重い痛みに悩まれるあなたへ!考えられる3つの原因 【腰痛治療専門整体】

2018-06-02

こんにちは!「もう二度と整骨院・整体院に通わなくてもいい身体を作る整体院」未病リハビリセンターハレル諸岡店院長のしまぞえです。

 

本日も私のブログをご覧いただきありがとございます。

 

 

痛みにはいくつか種類があります。その中でも鈍痛と言われる重い痛みについてまとめていきます。

 

 

1、痛みの種類~鈍痛てなに~

 

 

痛みには、3つの種類があります。

 

 

それは、、、

 

 

①ピンポイントがズキッと痛む鋭痛

②ズッシリドーンとのしかかる鈍痛

③電気のように走る神経痛

 

この3つの痛みの種類によって、われわれ理学療法士は、痛みの原因を特定し、根本に対して治療をしています。

 

このうちの鈍痛について今回話していきます。

 

 

鈍痛は、「鈍く重苦しい痛み」と言う意味を持ち、このような辛い痛みを表現する時に多用される言葉です。

「ズーンとする痛み」とよく表現される痛みです。

 

耐えられうる痛みの中でもかなり痛い状態の事を指して言い、鈍痛を起こした人間は時にうずくまって立てなくなってしまう人もいます。

 

 

鈍痛の悪い所は、一瞬ではなく長時間にわたって広範囲に及ぶところです。

 

女性の多くは生理時に重石に潰されるような鈍痛に苦しまされています。

 

男性の中にも血液やリンパ・心臓の鼓動・自律神経の働きなどが影響してズーンとくるような鈍痛を味わうことの多い人も存在しています。

 

 

鈍痛は、二次痛に分類され慢性痛に多い症状です。

 

疼痛範囲は、広範囲であり「ここ!」という局所的な表現ができず、安静時・動作時関係なく持続的に痛み続けることが特徴です。

 

 

2、腰部に現れる鈍痛から考えらる原因3つ

 

 

腰部症状としての鈍痛から3つの原因が考えられるでしょう。

 

 

①内臓由来による鈍痛

 

②循環不全もしくは機械的ストレスに伴った広範囲筋硬直による鈍痛

 

③心理的要因による鈍痛

 

 

器質的要因が明らかでない症状を私たちは不定愁訴といいます。

 

検査データ、画像データに異常は認めないが、症状として体に出ているわけです。

 

症状がある以上、何かしらの原因はあります。

 

 

おおむね、このような症状は内臓由来もしくは心理的要因の影響が大きいです。

 

薬やストレスなどでホルモンバランスが崩れることによって内臓機能は低下し「助けてくれー!!」っと訴えかけているのです。

 

 

内臓機能が低下することは、循環不全が生じ腹部周囲筋が酸欠となり機能が低下するためズドーンと重だるくなってしまいます。

 

 

生活習慣や仕事でストレスを抱えているという自覚ある方は、そろそろ心と体のリフレッシュをしてあげてください。

 

 

追伸

 

 

未病リハビリセンターハレルでは 毎月多くの患者様に通院していただいております。

 

 

その一方で福岡市ではまだまだ腰痛の患者様が多くいて、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦手だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

 

 

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

 

 

「このままで良いわけがない」

 

 

もしも、あなたが

 

 

「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」

 

「このまま痛みやしびれでちゃんと歩けなかったらどうしよう…」

 

 

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…

 

 

そんな時こそ、未病リハビリセンターハレル諸岡店にお越しください。

 

 

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。

 

 

私の技術はそんなあなたのためにあるのです。

 

 

未病リハビリセンターハレル諸岡店で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

 

 

慢性腰痛を本気で根本から治したい方はこちらをクリック!

慢性腰痛を本気で根本から治したいあなたへ

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.