福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

博多区で肩こりと腰痛のWパンチでストレスが溜まりまくっているあなたへ。治らない3つの原因。 【福岡市 博多区 腰痛治療専門整体】

2018-06-02

こんにちは!未病リハビリセンターハレル諸岡店院長のしまぞえです。

 

本日も私のブログをご覧いただきありがとございます。

 

 

『肩こりと腰痛全く別の場所だし、痛みが出ていても対処法はそれぞれ別でしょ!』

 

 

何となくそう思ってませんか?

でも、身体の各部分は繋がっていることもありますし、例えば胃が悪いと口内炎ができる。

 

このように繋がりとは別に関連がある身体の各部分の働きもあります。

 

 

それらを踏まえて腰痛と肩こりの関係をみていきましょう

 

 

1、筋肉と骨でつながる肩と腰

 

 

まず、身体の作りの繋がりで見ていくと筋肉と骨格(骨)があります。

 

 

当然ですが、腰と肩は骨や筋肉でつながっている為、お互いに良くも悪くも影響しあっています。

 

 

【筋肉編】

筋肉は肩の部分にある広背筋、僧帽筋と呼ばれるものが肩から腰まで繋がっている筋肉になってます。(正確に言うと骨盤までは繋がっていないです)

その他の筋肉も大きい作りの筋肉ではなくても他の筋肉とかみ合っていて繋がりを見ると腰まで影響があるものもあります。

 

 

【骨格編】

やはり1番は背骨です。

 

26個もの骨が連なってお尻から首まで繋がっているので猫背になると全ての背骨の位置が悪くなります。

 

下を向いてスマホを見ているだけで首は当然ですが腰に負担はかかります。

 

 

肩甲骨と骨盤は相関関係があると言われています。

 

 

よく考えるとそうですよね。人間はもともと四足歩行の生き物であったと言われています。

 

 

肩甲骨は前足を支えるもの、骨盤は後足を支えるもの。機能が似通っていて当然ですね。

 

 

これが何かというと、肩甲骨と骨盤はリンクしているということです。

 

 

肩甲骨が硬くなると骨盤も固くなります。逆に、骨盤が歪むと肩甲骨も歪みます。

 

 

これを「ジンクパターン」といいます。

 

 

なので、肩と腰どちらか一方を悪くするともう一方も後を追って悪くなってくるのです。

 

 

2、慢性的な肩こりと腰痛は生活習慣から

 

 

機能解剖的な問題を除いて、あなたの痛みを慢性的にしている原因は生活習慣にあります。

 

 

主な3つの原因がこちら。

 

 

【①不良姿勢によるアライメント変化】

 

これはイメージ通りです。

 

 

【②循環不全】

 

日本人はとにかく水分不足です。それは、日本が島国であり気候的な側面からも考えられます。

 

周りが海に囲まれ湿度に恵まれている日本に住んでいる私たちは、

 

極端に言うとプールに浸かっているような状態です。

 

その状態で水分を取らなきゃとはさすがに思わないと思います。

 

つまり、日本人はそもそもの水分摂取の意識が低いということが言われています。

 

しかし、健常成人であれば尿や便、汗などで一日2~2.5Lは絶えず体外へ排泄されています。

 

そして人の体の成分として約60%は水分が占めています(書物により多少データは異なります。)

 

この水分比率は一定不変で変わらないように体が調整しています。

 

毎日2L以上もの水分が体から出ているのに、あなたはそれだけの水分をしっかりと補給していますか?

 

水分摂取量が足りていないということは、このことを言っています。

 

そして、水分不足から体はどのように反応するか。→体内60%の水を維持するために、体の水分を出さなくなる。

 

ここで捕捉すると、今日あなたが出した尿はいつ摂取した水分かご存知ですか?

 

それは、なんと1ヶ月半前のものです。

 

通常にサイクルして、摂取した水分は1ヶ月半後に尿として排泄されるわけです。

 

では、水分が足りておらず体が排泄水分量を制限しているあなたの体はどうなっているでしょうか、、、。

 

もはや、濁りまくったため池状態です。

 

補給と排泄の循環バランスが崩れているため、老廃物や毒素が体から排泄されなくなり肩こりや腰痛、

 

加えて頭痛なども頻発してくることになってきますね。

 

 

【③ストレス過多】

 

私たち人間は、ストレス、大気汚染、気候、タバコなど絶えず外界から刺激を受け続けています。

 

これによって体にどのような反応が起きるかというと活性酸素というものが体の中で出現します。

 

「活性酸素」これは烈火のごとく体を蝕み私たちの体を酸化させていくわけです。

 

では、

 

②の水分摂取不足での循環不全状態の私たちの体にストレスというフレーバーを振りかけてみましょう。

 

体は一瞬にしてサビつき、気づかぬうちにボロボロとなりました。もう最悪ですね。

 

なにが恐ろしいかというと、このことに私たち自身が「気づいていない」ということです。

 

これでは、慢性痛も治るはずがありませんね。病気は、なるべくしてなっており、大元を変えない限り変化は見られないでしょう。

 

 

追伸

 

 

未病リハビリセンターハレルでは 毎月多くの患者様に通院していただいております。

 

 

その一方で福岡市ではまだまだ腰痛の患者様が多くいて、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦手だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

 

 

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

 

 

「このままで良いわけがない」

 

 

もしも、あなたが

 

 

「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」

 

「このまま痛みやしびれでちゃんと歩けなかったらどうしよう…」

 

 

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…

 

 

そんな時こそ、未病リハビリセンターハレル諸岡店にお越しください。

 

 

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。

 

 

私の技術はそんなあなたのためにあるのです。

 

 

未病リハビリセンターハレル諸岡店で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

 

「もう二度と整骨院・整体院に通わなくてもいい身体を作る整体院」未病リハビリセンターハレル博多諸岡店

 

慢性腰痛を本気で根本から治したい方はこちらをクリック!

慢性腰痛を本気で根本から治したいあなたへ

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.