福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

福岡県の女性必見!腰痛と吐き気と頭痛でお困りのあなたへ、その症状の真の姿とは。 【福岡市、女性、腰痛、整体】

2018-06-13

こんにちは!「もう二度と整骨院・整体院に通わなくてもいい体をつくる整体院」未病リハビリセンターハレル諸岡店院長のしまぞえです。

 

本日も私のブログをご覧いただきありがとございます。

 

 

腰痛といえば多くの方が体験したことがあると思いますが、吐き気や頭痛を伴う場合は注意が必要です。

 

 

単なる腰痛といって甘く見ずに同時に起こる症状にも目を向けてみましょう。

 

 

腰痛と吐き気や頭痛が同時に起こる場合、内臓疾患からきている可能性が考えられます。

 

 

本日は、そんな腰と頭の関係についてまとめていきます。

 

1、正体は腎臓

 

 

腰痛と同時に「気持ち悪い」と吐き気をうったえるケースがあります。

 

 

通常、腰が痛いという腰痛だけを訴える場合、筋肉の強張りや痛み、腰周辺の骨の異常を疑うでしょう。

 

 

ところが、腰痛はさまざまなケースが存在します。

 

 

たとえ、初期症状が腰が痛いだけであっても、内臓疾患による腰痛の場合「気持ち悪い」「吐き気」さらには「頭痛」という症状を伴うこ

とが良くあるのです。

 

 

以上の症状から考えられるものは腎疾患です。

 

 

腎臓は腰のあたりにあるため腎不全、腎盂腎炎、尿路結石などの疾患では吐き気を伴います。

 

 

腎盂腎炎は細菌感染によって起こる腎臓の炎症なので、吐き気を伴い発熱もします。

 

 

発熱によって頭痛を併発する可能性もありますが、悪化すると激しい頭痛が起こります。

 

 

一見、風邪のような症状と似ているので、病院で血液検査や尿検査で腎機能を確認する必要があります。

 

 

2、腎臓疾患と婦人科疾患

 

 

代表的な疾患例を挙げていきます。

 

 

【腎不全】

腎不全は文字通り腎臓が機能しなくなる病気です。

 

 

血液中の老廃物を「ろ過」してくれる腎臓が機能しなくなれば、身体にドンドン老廃物が溜まります。

 

 

結果として、手足にむくみが生じたり、腰痛や吐き気などが起きることがあります。

 

 

主な症状として、吐き気を伴う腰痛、食欲減退、集中力の低下、また体中の痒み等が挙げられます。

 

 

【腎盂腎炎】

腎盂腎炎は、大腸菌など細菌感染によって腎臓に炎症が起きる病気のことです。

 

 

主な症状は、腰部やわき腹の鈍痛、血尿、悪寒、高熱、体の震えなどの症状が現れることもあります。

 

 

悪化した場合、異常な血圧の上昇、激しい頭痛に見舞われることもあります。

 

 

知らずに放置しておくと尿毒症などにかかる恐れもありますので注意しましょう。

 

 

【尿路結石】

尿が通っていく尿管に、結石という固形物が詰まってふさがれてしまう病気です。

 

 

主な症状は、腰痛や背中の痛み、発熱や血尿も見られますが、吐き気を伴うことも多いです。

 

 

結石が尿管内を移動することで突然の「激痛」に襲われますが、結石が動かないと痛みが治まったりするのが症状の特徴です。

 

 

【月経前症候群(PMS))

月経ですから、もちろん女性だけの病気です。

 

 

月経前3~10日間ほどの精神的、身体的症状で、月経が始まると同時に症状が消失するのが特徴です。

 

 

この病気の原因にはいろいろと説がありますが、実際はまだハッキリと分かっていません。

 

 

現在考えられているのは、黄体期(排卵~月経まで)に分泌される「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」によるものです。

 

 

これが、黄体期後半に急激低下し、脳内ホルモンや神経伝達物質に何らかの異常を起こすことが原因という説です。

 

 

しかし、それ以外の原因からも起きると言われています。

 

 

月経前症候群(PMS)も、腰痛と吐き気が起きることがあります。

 

 

主な症状とは、腰痛や吐き気、腹痛、頭痛、食欲不振、手足のむくみ、お腹が張る、乳房が張るなどの身体症状。

 

 

また、倦怠感、目まい、抑うつ、情緒不安定、睡眠障害というような精神症状に現れることもあります。

 

 

3、さいごに

 

 

いくつかの「腰痛に吐き気や頭痛がともなう病気」を並べさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?

 

 

前述しましたように、皆さんが一般的に考える腰痛は、腰周辺の筋肉の強張りや腰椎や頸椎という「骨の異常」というケースが多いと思われます。

 

 

しかし、腰痛に吐き気が伴う症状の場合、そういった一般的な腰痛とはかけ離れた危険性をはらんでいる可能性があります。

 

 

今回ご紹介したもの以外にも、腰痛と吐き気が同時にやってくる病気はたくさん考えられます。

 

 

もしも、思い当たる症状があるのであれば、軽視することなく、速やかに病院へ行き診断してもらうことをおススメいたします。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

次回もあなたの腰痛のお悩みが少しでも「ハレル」ようにアイディアや方法についてお伝えしていきますね♪

 

 

それではまた明日!!

 

 

「もう二度と整骨院・整体院に通わなくても良い体を作る整体院」未病リハビリセンターハレル諸岡店

 

 

 

 

 

 

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.