福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

膝の水が溜まる本当の原因を知りたいあなたへ

2018-06-15

未病リハビリセンターハレル 香山 庸(こうやま よう)

 

『一度膝の水を抜くとクセになりやすいよ』

こんな言葉を聞いたことはございませんか?

 

果たして本当に膝の水を抜くことがクセになることの原因なのでしょうか?

 

本日のブログはこんな方におススメです!

 

  • 水を抜くことがずっと続いている
  • 膝が痛い
  • 膝に水が溜まる本当の原因がしりたい
  • 膝の見た目を良くしたい
  • 整形外科に行って膝の水抜きにいってるけどすぐに溜まる

 

上のような悩みを持っている方は是非最後までお付き合いください。

 

このブログでは膝に水が溜まる正しい原因と対処法についてお伝えしていきます!

 

水が溜まる本当の原因は

 

結論から言うと、膝に水が溜まっている原因は関節の中で炎症が起きているからです!

 

炎症とは簡単に説明すると関節の中で火事が起こっているような状態です!

 

関節の中で火事が起きてしまうということは当然『水』が必要になりますよね!だから身体は関節の中に炎症が起こってしまうと自然と水を出してしまうような機能があります!

 

また膝に負担をかけないために、水を溜めてパンパンにすることで固定しているのです!

今のみなさんの印象として【水=悪】と思われている方が多いのですが、本当は身体を守るために自然に出ている反応だということを知っていてください

 

つまり、水が溜まるということは膝の為にある程度必要だということです!

 

水を抜くとクセになるのは本当なのか?

 

まず「クセになる」という表現は実は間違っています!

先ほど膝に水が溜まる原因は、膝の関節の中で火事が起こっているからだということをお伝えさせていただきました!

 

水を抜いてもまた溜まるのは、クセではなく、火事(炎症)が治まっていないので水で消火し続けようとしているのです。

 

だから膝の水は炎症を起こした根本の原因が解消されなければ、いつまでも炎症を抑え続けるために水をだすようになるのです!

 

例えばこれは鼻水が出るのと同じ原理です!

鼻水が出るのは、粘膜で炎症が起きているからです!

 

ここで花を間でも鼻水は止まらないですよね・・・

鼻水が出るのは『風邪』を引いているからなので、鼻水が出ないようにするには、原因である風邪を改善する必要があります。

 

これは膝の関節でも同じことが言えるんです!いくら水を抜いたとしても炎症を起こしている原因を解消しないと改善することはありません。

 

身体のプロが考える正しい改善方法

 

今までたくさんの患者さんを診てきた中で多いのは本当の原因の解消まで治療がされていない方が多いということです!

 

最近来院されてきた患者さんを例に出させていただくと、

介護の仕事をされている50代の女性で介助をしている時に膝に違和感を感じそのあとすぐに膝に水が溜まり腫れてきていました。

病院で何度も水を抜いても腫れは引かずに痛みが悪化して歩くのも困難な状態でした!

 

初診時に詳しく調べていくと、確かにお皿の上が腫れていて炎症を起こしている状態で詳しく調べていくとその患者さんの本当の原因は膝以外の部分にありました。

意外だと思われる方もいるかもしれませんが股関節と足関節に原因があったのです。

 

その後膝の治療と並行して股関節と足関節に対して調整を行い、現在では水が溜まらなくなり、仕事に復帰することが出来ました!

 

膝の腫れを引き起こす原因のほとんどが膝以外にあるからです。

 

最後に

膝に水が溜まる原因のついてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

一番大事なものは正しい知識です。しっかりと身体と向き合って、本当の原因を見つけることが大事です。

 

今回は膝に水が溜まることについてお伝えさせていただきました!また今後も膝のことについてのブログやほかの関節のことなども書かせていただきますので是非ご覧ください!

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.