福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

シシャモ足で悩んでいるあなたへ

2018-06-16

 

昔から下半身が太い。

ふくらはぎをよくつる。

下半身が太いのは遺伝だ。

足がむくむ。

ししゃも足だ。。。。。

女性はよく下半身のことを気にします。

モデルのような足になりたい!!

と誰しもが憧れるスラッとした足。

今日はそんなスラッとした足になるためにの秘訣をお伝えします。

ふくらはぎが太くなる原因は指を使わないこと!?

脚が太くなる原因は、外反母趾・浮き指・扁平足にあります!特に「浮き指」は、すね・ふくらはぎを大きく発達させてしまいます。

外反母趾・浮き指・扁平足があると指が踏ん張れないため、指先に体重を乗せずに重心がかかとに片寄り、足裏が不安定になります。その不安定を補うため、すねやふくらはぎ・太ももに負担がかかり、余分な筋肉が発達してしまいます。更に、発達した筋肉は疲労しないように脂肪を蓄えて、次第に脚が太くなってしまうのです。

ダイエットのために一生懸命ウォーキングをしたら、2~3か月後、更に脚が太くなってしまったという声をよく耳にします。 外反母趾・浮き指・扁平足など不安定な足裏で歩けば歩くほど、すね・ふくらはぎ・太ももに負担がかかり、余計に太くなっていきます。

太い足にしてしまう靴

また、太い脚へと増長させる要因として、ヒールやパンプス、スリッパのようなかかとのない「つっかけ」や「ゆるい靴」にあります。「浮き指」で指がふんばれない状態でこれらの履物を履くと、無意識のうちに脱げないように足指を靴先の上側に引っ掛けてロックした悪い歩き方にしてしまうのです。 指が浮いているため、かかとと指の付け根で歩く不安定な歩行となり、その不安定をすねやふくらはぎ、太ももが補って太くなっていきます。

 

太くなった足を改善させる方法

太くなる原因は先ほどから説明しているように、指を上手く使えないことにあります。

では指を上手く使いしっかり足そのもので体重を支えるためにはどうしたら良いのでしょう?

それは足の中にある筋肉「足内在筋」を使えるようにトレーニングすることです。足内在筋とは足の中にある筋肉のことで、足の指の付け根~かかとにかけて発達している筋肉で、指や足の中の関節を安定させ土踏まずを作る筋肉です。

この足内在筋を鍛える方法は2つあります。

 

1つ目はタオルを使った訓練です。

タオルを床に置き足首を内側に捻り、指を使ってタオルをたぐり寄せます。この時に注意することは足首が上がらないようにすることです。

上手くできると土踏まずのところがダルくなってきます。足の甲やすねの辺りがダルくなった場合は使う筋肉が間違っているのでやり直してください。

2つ目は靴の中敷きを自分に合った物に変えることです。大型量販店などに売っている中敷きでは一人ひとりに合わせて作られてないので、特に偏平足や外反母趾、シシャモ足の人には不向きです。自分に合った中敷きを使用し足内在筋を上手く使えるようにしましょう。

中敷きを一度作るとほとんどの靴で使用可能なので、初期コストはかかりますが長く使えるといった点では経済的です。

ハレルグループでもオリジナルの中敷きを一人ひとり検査して作成していきますので、シシャモ足や外反母趾でお悩みの方はぜひご相談ください。

 

未病リハビリセンターハレル飯塚店

TEL:0948-88-9140

住所:飯塚市菰田西1丁目9-18

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.