福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

福岡県で腰痛にお困りのあなたへ。カイロで腰痛が悪化した方の理由とは、、、 腰痛 治療 専門 治療院

2018-06-25

こんにちは!「もう二度と整骨院・整体院に通わなくてもいい体を作る整体院」未病リハビリセンターハレル博多諸岡店院長のしまぞえです。

 

本日も私のブログをご覧いただきありがとございます。

 

 

たまに、このような相談を受けることがあります。

 

 

「この前、勧められたカイロ(カイロプラクティック)へ行って体を動かされたときに背筋にピキッと違和感を感じました。そのあとから、痛みが続いているんです。」

 

 

このようなお悩みを抱えている方は他にもいらっしゃるかと思いますので、今回はカイロについて少しご紹介します。

 

1、カイロとはなに、、、?

 

 

カイロとはカイロプラクティックの事ですが、カイロプラクティックとは1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーという人物が提唱し創立した療法で、脊椎ヘルスケアの徒手療法と言われるものです。

 

 

その療法の目的は、人が年齢と共に身体の故障を起こすのは背骨などの歪みによる神経の圧迫等によるものであるという考えです。

 

 

そのため背骨などの状態を本来の歪みの無い状態に戻せば健康な状態を維持出来るとし、人間の手によって状態を確認しつつ骨を正常に戻すのがカイロプラクティックの施術です。

 

 

いわゆるこれは身体のメンテナンスであり、本質的には病気や怪我の治療とは違う物なのです。

 

 

実際カイロプラクティックのサイトの注意書きには刺激を与えてはならない病気の場合は利用しないようにと書かれているのです。

 

 

つまり骨折や骨粗しょう症、血管が脆くなっている人や内臓の病気の人、癌などの病気の人は、決してカイロを行ってはいけないということです。

 

 

2、カイロプラクティックの適応と不適応

 

 

【カイロプラクティックの適応症】

 

神経へ働きかけることにより以下の効果が期待できます。

 

(1).痛みの軽減

頭部 ・・・ 頭痛・めまい・耳鳴り・立ちくらみ・目の疲れ・自律神経失調

頚部 ・・・ 首の痛み・寝違い・肩こり・ムチウチ・椎間板ヘルニア・高血圧

上肢 ・・・ 腕の痛み・腕のしびれ・肘の痛み・指先の痺れ

腰部 ・・・ 腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・すべり症・分離症

下肢 ・・・ 股関節の痛み・ひざの痛み・足のしびれ

生殖 ・・・ 生理痛・生理不順・不妊症

妊娠 ・・・ 妊娠中の腰痛・産後の腰痛

内臓 ・・・ 内臓機能の低下

神経 ・・・ 冷え性・ストレス・だるい・不眠症

快復 ・・・ 老化予防・リハビリ

競技 ・・・ スポーツパフォーマンスの向上

 

(2).再発・悪化の予防

メンテナンス治療

より高いQOL(生活の質)を目指す

 

 

【カイロプラクティックの適さないケース】

 

カイロプラクティックにはすぐに他の医療機関を紹介するケースと、十分に注意することによって治療が可能な場合があります。頭痛・肩

こり・背部痛・腰痛などで下記の症状を伴う場合には病院の精密検査をお勧めいたします。

 

血管性 :血管に問題がある場合、強い治療は大変危険です。

突然の激痛と呼吸の変化・・・動脈からの出血や断裂の可能性があります。

めまい・・・一過性で視野の変化、顔のしびれは脳血管の問題の可能性があります。

 

腫瘍  :ガンが骨に転移する場合があり、強い治療により骨折する場合があります。特に下記の症状がある場合には要注意です。

ガンになったことがある。

体重の増減・・・ガンが進行している可能性があります。

熱が下がらない

痛みが強くなってきている・・・ガンが進行している場合があります。

夜間の痛み・・・内臓に問題がある可能性があります。

*ヘルニアなどの症状が強い場合にも夜間痛はでます。

 

感染・炎症 :結核や骨髄炎などがある場合、強い治療よって背骨を骨折する場合があります。

咳や寝汗をかく・・・家族に結核保持者がいる場合は、結核の可能性があります。

熱が下がらない・・・病院の受診をお勧めします。

首が前に曲がらない・・・脊髄炎などの可能性があります。

腹痛・悪心などを伴う症状・・・内臓の問題が疑えます。

排尿時に痛み・・・泌尿器の問題が疑えます。

月経時に増悪する・・・婦人科系の問題が疑えます。

 

外傷性 :交通事故などで強打した場合、骨折や脱臼を疑います。 レントゲン検査が有効です

頭が割れるような頭痛・・・非常に危険です。すぐに精密検査の受診をおすすめします。

転倒後の強い痛み・・・閉経後の女性は、特に股関節を骨折することがあります。

 

心理的 :症状と検査結果が合わない場合。下記の場合には適しません。

ヒステリー

詐病

心身症 など

 

代謝性 :血液の問題や骨が柔らかくなる症状。

出血が止まりにくい・・・精密検査の受診をお勧めします。

 

神経的 :脊柱管狭搾症(ヘルニアなど)で強い神経症状がある場合。

排尿障害・・・強いしびれがあり失禁症状がある場合には、すぐに病院へ

 

 

いかがでしたでしょうか?

次回も有益な情報をしていきますのでどうぞお楽しみに♪

「もう二度と整骨院・整体院に通わなくても良い身体を作る整体院」未病リハビリセンターハレル博多諸岡店

 

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.