福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

福岡県のドライブ腰痛にお困りのあなたへ。じつは腰にやさしい最強の自動車をご紹介! 腰痛治療専門治療院【ドライブ 車 腰痛 痛くない 姿勢】

2018-06-28

 

 

 

こんにちは!「もう二度と整骨院・整体院に通わなくてもいい体を作る整体院」未病リハビリセンターハレル諸岡店院長のしまぞえです。

 

 

本日も私のブログをご覧いただきありがとございます。

 

 

長時間運転していると体のどの部分が痛くなりますか?

 

 

ですよね。

 

 

トラック運転手の人なんかは特にそうだと思います。

 

 

私たちでも、たまに遠くへドライブすると慣れていないのですぐに腰に疲れが溜まりますよね。

 

 

そこで、腰痛持ちの人はもちろんの事、そうでない人の為にも車を運転するときの注意点や対策なんかを紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

1、腰痛の原因はAT車にあり

 

 

腰痛の原因の一つが実は「AT」(オートマチックトランスミッション)にあると言ったら、みなさんはどう思うでしょう?

 

 

もちろん運転による腰痛の全部がATのせいだとは言いませんが、これは一つの事実です。

 

 

器質的要因がある人は別として、運転によって引き起こされる腰痛の原因の大半は「間違った運転姿勢」にあります。

 

 

シートバックを倒し過ぎたり、シートに浅く座り過ぎたりする事で背骨を支える筋肉に負担がかかり血行不良に陥ってしまうためです。

 

 

そして、AT車は運転姿勢の自由度がMT(マニュアルトランスミッション)車よりもずっと高いため、AT車の増加に伴い「間違った運転姿勢」のドライバーも増加しました。

 

 

それが腰痛の原因になっているのです。

 

 

もう少し詳しく話すと、、、

 

 

ATの普及により、ドライバーは左足を使う事がなくなりました。

 

 

本来なら運転中は左足でフットレストを踏んでいるのが正しい姿勢ですが、ついつい膝を曲げフットレストの手前に足を置いて楽な姿勢を取ってしまうことが多いです。

 

 

右足は、アクセルとブレーキを操作するため伸ばしっぱなしで踏み続けています。

 

 

すると、次第に身体はやや左側(内側)を向いてしまいます。

 

 

また、シート横にアームレスト(肘置き)がついている車は、左肘を極端に後に引いて片手運転をしてしまいがちでその傾向がさらに高まります。

 

 

つまり、日本車は利き足関係なしに、左足が軸足となるため重心は左側へ傾きます。

 

 

その結果、左右の腰に不均等に体重がかかってしまい、それが腰痛の大きな要因になっていると考えられます。

 

 

では、MT(マニュアル車)はどうでしょうか?

 

 

MT車はクラッチペダルがあるため、左足を遊ばせておく事ができません。

 

 

しかも、ギア操作をするために左手を極端に後に下げる事も不可能です。

 

 

また、クラッチを踏むとその反作用で身体がシートに押され、自然にシートと腰が密着します。

 

 

そのため必然的に「正しい運転姿勢」に近くなり、AT車に比べると腰痛にもなりにくいという訳です。

 

 

 

 

 

 

 

2、軽トラ最強説

 

 

つまり、運転して腰が痛いの原因は当然ですが姿勢にあります。

 

 

簡単に言うと2つです、、、

 

 

1⃣、シートを倒しすぎ

2⃣、シートに浅く座りすぎ

 

 

今の車は、シートの性能がかなり良くロングドライブでもリラックスして運転できるように工夫されています。

 

 

しかし、これは正しい座り方が前提の話です。

 

 

お尻をしっかり奥まで入れ、シートの位置角度まで規定された最適の状態での話ですね。

 

 

多くの人は、シート位置が遠すぎて足をビーンと伸ばして運転していることでしょう。

 

 

そして、シートを横に倒し「あの人、もはや寝ているよね?」という運転姿勢の方も見受けますよね。

 

 

自分でシートを動かすから不良姿勢を生むわけで、規定されたシートで動かさなければ最良の運転ができるということです。

 

 

なおかつ、MT車が重心の偏りが少ないのでバランスよいとなると、

 

 

最も体に優しい車は、「じつはこれなんじゃないか」と私は一つの答えにたどり着きました!

 

 

そうです、それが

 

 

軽トラ   です!!!!!

 

私も、実家へ帰るとたまに軽トラ乗りますが、実感しますよ。

 

 

めちゃめちゃ姿勢が良くなります!!(笑)

 

 

とはいっても、クセなのでなかなか変えられないと思います。

 

 

クッションなどを上手に使用してロングドライブでは、適宜休憩してストレッチをして負担を小さくしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

次回もあなたの腰痛のお悩みが少しでも「ハレル」ようにアイディアや方法についてお伝えしていきますね♪

 

 

 

「もう二度と整骨院・整体院に通わなくても良い体を作る整体院」未病リハビリセンターハレル諸岡店

 

 

 

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.