福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

その膝、本当に『異常なし』!?

2018-07-06

こんにちは!未病リハビリセンターハレル 雁ノ巣店の香山 庸(こうやま よう)です!

本日はハレルのお客様の中でも良く聞く膝の痛みについて書かせていただきます。

 

以下はハレルのお客様がよく言われる言葉です。

・『膝が痛くて病院に行ったけど「レントゲンでは問題ないですね。」と言われて湿布しかもらえなかった』

・『ヒアルロン酸の注射を定期的に打ってはいるけど良くなっている気がしない』

・『電気の治療をよくするけど痛みが減らない』

・『お医者様から「異常なし」と言われるけど膝が痛い』

・『膝の痛みが「老化現象です」という言葉や「体重を減らしましょう」という言葉で片付けられてしまう』

 

もし上記の内容に一つでも当てはまる方はぜひ最後まで読んでください。

まず初めに膝の痛みはいろいろな要素が考えられる。

特に異常はありませんと言われ湿布と痛み止めを処方してもらう方がほとんどじゃないかと思います。

特に若い人でなければ「変形性膝関節症だ!」「膝周りに筋肉をつけなさい」とリハビリを勧められるケースが結構あるかと思います。

しかし本当にその治療が正しいのか考えてみましょう。膝は靭帯や関節包、筋肉などで構成されています。その中でどこかに異常をきたしていないかを触診などで確認し、そこにアプローチをしていく必要があります。単純に筋力トレーニングをしていても治るということではありませんので注意する必要があります。

むしろ膝の痛い人の多くは反対に膝の筋力が強い人が多いこともあるということを知って頂きたいと思います。

この話はまた次回説明させて頂きます。

 

膝の異常を判断するのは一般の方は難しい

膝関節は曲げ伸ばしをする単純な構造ですが曲げ伸ばしをする際に、靭帯が伸長・弛緩したりします。また筋肉が股関節から膝関節まで伸びている筋肉もあるため、レントゲン上では異常を見つけにくいことがあります。

基本的に骨に異常が無ければ湿布や痛み止めしか整形外科では処方されません。あとは良くて膝のサポーターといったところでしょうか。それが現状です。

このブログを見ていただいているあなたは膝の悩みがあって見ていただいていると思います。あなたは納得する説明を受けていますか?

 

「異常はありません」という言葉に安易にホッとしないようにしてください

「膝には異常はありませんでした。」と言われ、筋肉痛なのかな?異常ないから大丈夫かと安心しないでください。痛みが出ているということは少なからず貴方の膝には何かしらの異常があるということです。異常がないなら痛みは出ません。膝の治療を行わず、渡された湿布と痛み止めで我慢するということは絶対に避けましょう。

あなたの膝が出している危険信号はあなたにしか気づくことはできません・・・ご自分の身体が出しているサインをしっかりと気付いてあげましょう。

 

膝は負担がかかりやすい場所である

歩く・立つ・昇る・降りるなど日常での膝を使う動きはかなりあります。

この日常動作から避けることは生きていく上でかなり困難なことだと思います。さらに人は痛みが出ないように工夫してしまうことが多いです。しかしそうしたことを続けていくとまた別の場所に痛みが出ることがあります。

膝の痛みの根本を治療をするというイメージをしっかり持つ必要があります。間違った治療を続け、時間とお金を無駄にしないようにしましょう。

 

電気治療や温める治療が一時的にしか効かない方へ

実際私も学生時代に受けたことがある経験なのですが痛みがあると温める治療や電気治療だけしかしないことが多くないですか?

私の場合はそのあとは少し楽になってはいましたがすぐに痛みがまた出てしまうということの繰り返しでした。

その時の私は言われたとおりにこの治療をしておけば治るんだくらいの気持ちで治療を受けに行っていたため、本当の原因が治らないいわゆる対処療法という治療を受けていたということを後になって知りました。

同じ思いをしてほしくないからこそこのブログを読んで頂いた方には自分の膝の痛みの本当の原因にたどりついてほしいと願うばかりです。

 

名前:香山 庸(こうやま よう)

勤務地:未病リハビリセンターハレル  雁ノ巣本店

経歴:熊本保健科学大学  卒業

株式会社麻生 飯塚病院 退職

フライングディスクアルティメット 大会メディカル帯同トレーナー

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.