福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

腰の付け根の痛み、あなたは我慢していませんか?

2018-09-04

 

こんにちは!未病リハビリセンターハレルの香山 庸(こうやま よう)です。

本日はあまり聞きなれない言葉かとは思いますが『仙腸関節の痛み』についてお話させて頂きます。

 

上の画像の赤丸のところが痛い方の中でこんなお悩みはありませんか?

・腰の下の方が痛くて寝返りがきつい

・歩いていると腰に衝撃が走るような感じで痛みがある

・体重をかけると腰の付け根に痛みが走る

 

もしかしたらその症状は仙腸関節が炎症を起こしているかもしれません。

 

上記のようなお悩みがある方は『仙腸関節』という関節が原因で痛みが出ていることが多々あります。

今回はこの仙腸関節の周りの痛みに関してお話していきます。

あなたの痛みがでている場所はどこですか?

当院に来られているお客様の中でも、腰痛やお尻の痛みがあるかたは上記の赤丸に症状を訴えられる方は多くいらっしゃいます。

感じ方としては「ピリピリ」「ズキズキ」「じわ〜」っと、様々な表現があります。

感覚としては人それぞれ感じ方は違いますが、多くの場合は神経に響くような鋭利な痛みが走ることが多い場所になってきます。

直接臀部や腰部から症状がでることもありますが、実は間接的に症状はでていることも多いので、そのことについてもご説明していきます。

なんでお尻から腰(仙腸関節)にかけて痛みが出るのか?

症状が出る原因は様々でこれだけというものではありません。ここでは何点か症状が発症する原因と解決法についてご説明していきます。

その1:仙腸関節の周りに着く筋肉の影響

筋肉に原因がある場合に考えられるのが、脊柱起立筋群があげられます。 脊柱起立筋は上記の画像のように臀部から背部や頚部に付着する筋肉であり、腰部だけにある筋肉ではありません。 そのため、この筋肉が硬くなったりすると脊柱起立筋が付いているお尻の所に炎症(使い過ぎ)が起きて痛みを感じることがあります。結果としてお尻の少し上辺りから腰にかけて響くような症状がでてくるんです。

 

・対処法

対処法としては、ピリピリする感覚が強い症状の時はアイシング(冷却)を行ないます。アイシングを行なうことで炎症症状(痛み)の抑制と、血液循環の改善による組織の回復を図ります。

炎症がなく、じわっとくる痛みや鈍痛の場合はお尻や腰の筋肉のストレッチを行ないます。

ストレッチの仕方などは以下をご覧ください。

ただみなさんこれだけは知っておいてください!

 

あなたがもし今痛くて困っていてもう二度とこの痛みを味わいたくないという方は根本的に治療が必要になってきます。

 

炎症の疑いがある場合は炎症症状を抑える治療と共にその周囲筋の緊張を緩めることで症状は治まっていきます。 炎症がある場合はストレッチを無理に行うと症状が悪化することもありますので痛みのない範囲で行ないましょう。

 

その2:お尻の筋肉からの影響

 

お尻周りの筋肉から腰やお尻そのものに響いている症状です。

お尻周りの筋肉の付き方は複雑であらゆる筋肉がお尻の割れ目付近の「仙骨」と「骨盤」に付着しています。

殿筋群(お尻の筋肉を合わせたいい方)が緊張することで坐骨神経痛(足の先までしびれが出る症状)になったり筋肉の付着部である仙骨・骨盤周りに症状を誘発してしまいます。結果として腰部や臀部に痛みが響くような症状になってしまいます。

 

・対処法

筋肉の緊張がみられる場合はストレッチで臀部周りの筋肉を緩めていきます。

ストレッチは上記の動画をご参照ください。 この症状もストレッチと並行して治療を行なうことで改善期間が早くなることが望めます。

ストレッチを行なうことで筋肉の緊張を緩和して神経の圧迫を軽減すれば症状は軽快していきますが、症状の改善がみられない場合は治療が必要になります。

治療としては臀部の筋肉群を緩める施術が必要ですが、長年の身体の使い方の癖が強く骨格の歪みが出ている場合などは矯正も必要になってきます。

 

その3:カラダの歪みの影響

仕事や趣味など、日常生活において身体の使い方によって前後左右の重心の偏りがでてきます。 身体のバランスが崩れてくると、筋肉の一部が負担が強なり固くなってしまい、その筋肉の硬さによって骨格が引っぱられて最終的には骨格の歪みに繋がってしまいます。

更に悪循環が起こり、骨格の歪みから更に重心バランスに乱れが生じてしまうと、歩く際にかかる体重の乗り方に左右差が生じて歩くたびに地面から突き上げるような力が身体に伝わってくるため、上記の画像の様に左に重心が乗っている場合は足首→膝関節→股関節・骨盤といったように全身の歪みがでてきてしまいます。

・対処法

対処法としては、仮に脚を組むなどの癖がある場合は脚を組まないようにしたり、お姉さん座りのように脚を左右どちらかに投げ出す動作をしないように気をつけることから始めましょう。 また、カバンを持つ動作、なにか仕事で片側の腕しか使わない場合などは、可能であれば反対側の腕も使うようにしましょう。

筋肉の緊張がでていることも多いのでストレッチなども効果があります。

 

その4:仙腸関節の炎症

一般的に知られている「骨盤」とは細かく分けると坐骨・腸骨・恥骨・仙骨(仙椎)・尾骨に分けられます。 その中でも仙骨と腸骨の間に存在する「仙腸関節(せんちょうかんせつ)」に問題が生じることがあります。

この仙腸関節は歩行をする際に仙骨と腸骨の間に縦に加わる「剪断力(せんだんりょく)」が加わることで痛みを感じたりひどい時は炎症を起こしてしまうこともあります。 仙腸関節に炎症を起こした場合は鈍い痛みが長期間で続けることが多く、治りにくい部位になります。 軽度の症状であれば治療することでゆるやかに治癒に向かいます。

・対処法

対処法としてはストレッチで仙骨周りの筋肉を緩めることも必要ですが、状態によってはなかなか症状が改善されないこともあります。

症状が改善しにくい場合はタオルを丸めて骨盤の少し上に当てた状態で仰向けで寝るセルフケアが効果的なこともあります。下の画像のようなイメージです↓

↑このように自分でタオルを巻いて骨盤の少し上(画像では骨盤に当たっていないのでもう少し下に当てる)に当てて1分間くらい寝て深呼吸を行ないます。 痛みが強くなる場合は速やかにやめましょう。

仙腸関節の痛みが長く続いています・・

お尻の上の痛みですが、長期間痛みを感じている患者さんもいらっしゃいます。

長期間続きやすい理由としては「剪断力がかかりやすい」「座っていても立っていても負担がかかりやすい」などのどんな動作でも影響を受けやすい部位だからだと考えられます。

つまり、何気ない日常生活動作の中でも負担がかかってくるので、治療をしても休養を取ろうとしても回復力より身体にかかる負担が大きくなるといつまでも辛い症状が続いてしまうんです。

まずは可能な限りで良いので身体(特の腰から臀部にかけて)にかかる負担を軽減する生活を意識しましょう。

 

最後に・・・

今回は腰やお尻の痛みに着目してブログを書かせて頂きました。

一つ言えることはどうしても痛い時には専門家を頼って頂きたいということです。

今回話した仙腸関節の痛みでも人によっては痛みの出方が変わってくるのが人の体になります。

もぅ二度と今の痛みを感じたくない。完全に治したいという方は人の力を借りましょう!


名前:香山 庸(こうやま よう)

勤務地:未病リハビリセンターハレル  雁ノ巣本店

経歴:熊本保健科学大学  卒業

株式会社麻生 飯塚病院勤務を経てハレルへ

フライングディスクアルティメット 大会メディカル帯同トレーナー

 

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.