福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

長距離走で膝下の外側が3回以上痛むあなた。その痛みの犯人と対策は、、、 膝治療専門治療院【長距離走、マラソン、膝下、外側の痛み】

2018-07-19

 

 

 

こんにちは!「もう二度と整骨院・整体院に通わなくてもいい体を作る整体院」未病リハビリセンターハレル諸岡店院長のしまぞえです。

 

本日も私のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

皆さんは、長時間の運動中や運動後に膝に痛みや違和感を感じたことはありますか。

 

 

マラソンブームでランニングをされる方も多くなってきましたが、当院にも

 

 

「今度、福岡マラソンへ出るんですけど、最近練習してると膝の外側あたりが痛むんですよね」

 

 

という主訴で来院される方も少なくありません。

 

 

マラソン競技以外にもサッカー、自転車競技、登山、バスケットボール、スキーなど走り回るスポーツではよく痛める部位でもあります。

 

 

今回は、その膝外側部の痛みを生じる原因とすぐにできる改善策をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、痛みの原因は、ランナー膝

 

 

「ランナー膝」

 

 

言葉の通りランナーに多く発生する膝の怪我であり、膝の外側に痛みが出るもので、正式名称は腸脛靭帯炎といいます。

 

 

一度痛みが出てしまうと、ランニング中に力が抜けるような感覚もあり、痛くてなかなか思うように走れません。

 

 

症状も、歩く度に痛いという段階もあれば、階段の登り降りで痛い、ランニングをすると痛い、ランニングをしばらくしていると痛みが出てくるなど様々です。

 

 

では、ランナー膝はどういうものでしょうか。

 

 

場所は、上の図膝の外側の部分になります。

 

 

腸脛靭帯は骨盤の大殿筋、大腿筋膜張筋という筋肉から始まっていて、膝の外側に付く靭帯です。

 

 

図の通り、ランニングで起きる膝の怪我の中で、膝蓋骨(膝のお皿)の周辺に次いで2番目に多い怪我です。

 

 

何らかの原因により膝の外側で靭帯と骨との間に摩擦が起きて、痛みとして発症してしまうわけです。

 

 

臀部の筋肉の弱さ、大腿筋膜張筋の硬さが原因となっているケースやO脚など骨格的な問題、ランニング中の地面の問題など様々な要因がランナー膝に繋がっています。

 

 

ランナー膝の原因は?

 

 

①下肢アライメント異常(0脚、足部の回内など)

②ウォーミングアップ不足

③筋肉の柔軟性の低下

④ランニングシューズの変更(適切ではないシューズ選択)

⑤傾斜のある場所を走りすぎ(側溝の傾斜も注意)

⑥急激な走行距離の増加(練習メニューの増加)
 

 

痛みの出ている箇所を治療しようとして、整形外科に行っても、

 

 

「ランニングは控えて、安静にしておいて下さい!」

 

 

と塗り薬や湿布だけを渡された経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

悲しいことに、まったく根本解決になっていません。

 

 

痛みが出ていることが問題ではなく、オーバーユースをまねいた体の使い方(走り方)に問題があります。

 

 

そこを改善しなければ、もし今の痛みが良くなってもあなたは繰り返し同じ故障をし続けていくことでしょう。

 

 

ですが、体に合った練習メニューの見直し、フォーム改善は自分一人ではなかなか難しいものです。

 

 

これは、パーソナルトレーナーと相談しプロに見てもらうほうがいいです。

 

 

一つすぐに改善できることがあります。

 

 

それは、ランニングシューズです。

 

 

シューズはかなり大切です。

 

 

足に合っていないシューズで走っている方がかなり多いです。

 

 

それもそのはずで、例えばちょっとお高めのいいシューズを買ったとしても「インソール」までこだわっていますか?

 

 

実は、インソールがかなり重要です。

 

 

当たり前ですが、シューズの表記はサイズのみで身長と体重は記載されていないですよね。

 

 

では、同じ27.0㎝のシューズをAさん(身長170㎝、体重65㎏)とBさん(身長180㎝、体重100㎏)の二人が使用した場合、果たしてそのシューズは同じ機能を発揮するでしょうか。

 

 

この二人では身長体重が違えば、足の形が全く異なります。

 

 

足の形とは、足底アーチであったり足底の荷重バランスのことです。

 

 

店頭販売のインソールは、こだわってあるものであっても「あなたが使用する」ことを想定していません。

 

 

理想のアーチをサポートしますとうたっていても、それはあくまで統計的な理想のアーチであって、あなたがもつ独特のアーチに合うかは別の話です。

 

 

足の形に合わないインソールで走り続けては、もちろん衝撃緩衝機能も作用しないので走り続けることでストレスは貯蓄し続けます。

 

 

当院では、皆様それぞれの足の形に合わせたインソール作製も行っていますので、オーダーメイドインソールを試したい方はぜひ問い合わせください。

 

 

 

 

既に膝に痛みを抱えている方は、ここで一度インソールにこだわってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

次回もあなたの膝のお悩みが少しでも「ハレル」ようにアイディアや方法についてお伝えしていきますね♪

 

 

それではまた明日!!

 

 

「もう二度と整骨院・整体院に通わなくても良い体を作る整体院」未病リハビリセンターハレル諸岡店

 

 

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.