福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

失敗しない治療~半月板損傷と診断されたあなたへ~

2018-07-25

みなさんこんにちは!未病リハビリセンターハレル 雁ノ巣店センター長の香山 庸(こうやま よう)です!

今回はハレルでもよく見させて頂くことがある【半月板損傷】についてお話させていただきます。

このブログをご覧になった方の中で以下の症状でお困りの方はいらっしゃいませんか?

ヒザを曲げ伸ばしする痛みを感じる

ひざが急に動かなくなった。固くなった。

膝の力が抜けた感じがする

ひざが腫れた感じがする

お医者さんから擦り減っていると言われた

ひざが痛くて動きたくない

以上の点で当てはまることがあれば最後までお付き合いください。

 

半月板損傷の症状

半月板損傷で良く表れる症状としてはひざの痛みです。半月板損傷とは簡単にいうと膝の中にある半月板が傷ついている状態をいいます。

その多くがスポーツをしている時に痛みが出現することが多く、急に痛みだして腫れたりするような症状があります。

また膝の動かし方によって痛みがひどくなったり関節が上手くかみ合っていないような感覚になることがあります。

この症状はひざの痛みを出している半月板の動きを制限したりすることで、ロックされた状態です。(ロッキング現象といいます)。

半月板損傷の原因

半月板損傷の痛みの原因は、半月板自体に問題があるのではなく、その半月板を損傷させた身体の歪みや大腿部の筋肉の緊張が根本的な原因として考えることができます。膝関節周囲にある筋肉が連動して動くことで歩いたり、走ったり、ジャンプしたりすることができるのです。つまり、その筋肉がねじれたりすると膝関節の動きを制限してしまいますので、繰りかえし負荷かがかかったときに、半月板損傷を引き起こします。また、体重を支える足が不安定になることも、半月板損傷の原因になります。

足は、クッションの役目を果たしており、そのクッション作用が低下した状態(外反母趾や扁平足、浮き指、ハイアーチなど)になると、地面からの衝撃が吸収できずに、ヒザや他の関節に繰り返し負荷をかけてしまいます。ですから、当院では下記のような根本的な原因を取り除く施術をおこない、半月板損傷を再発しないようにしていきます。

 

半月板損傷の一般的な病院での対処

半月板損傷は、サポーターやコルセットなどを使う保存的な療法や手術などが考えられますが、それぞれの良い部分、悪い部分を知り選択することが大切になります。炎症が起こっている場合や半月板損傷がひどくない場合は、病院で湿布や痛み止め、リハビリなどをすることで改善することができます。しかし、膝の歪み、わるい歩き方など他に原因がある場合はよくならない可能性があります。その時は、整体や鍼灸などほかの方法を並行して試した方がよいでしょう。

 

半月板損傷の予防方法

半月板損傷を予防するには、普段から、「足」のバランスを整え、膝関節を良く動かすことです。お風呂の中で浸かりながらひざを曲げ伸ばしする、水中ウォーキング(温水プールでも身体は冷えますので、プールのあとはしっかり温めるようにしましょう。)をするなどで関節や筋肉に柔軟性が生まれ、血流が改善します。以上のことなどを行うことでスポーツなど、ひざの痛みを心配することなくできるようになりますので日頃から注意して生活しましょう。予防方法が、自分でやっていても分からない場合や効果を感じない場合は、他に原因があることも考えられます。

名前:香山 庸(こうやま よう)

勤務地:未病リハビリセンターハレル  雁ノ巣本店

経歴:熊本保健科学大学  卒業

株式会社麻生 飯塚病院勤務を経てハレルへ

フライングディスクアルティメット 大会メディカル帯同トレーナー

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.