福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

結婚式を控えていて痩せたいと焦っているあなたへ

2018-08-09

みなさんこんばんは!未病リハビリセンターハレル センター長の香山 庸です!

本日のブログはタイトルにもありますように【結婚式を控えていてダイエットをしたい】と思っている方へ向けたブログになっております。

突然ですがあなたには以下の悩みはありますか?

  • 試着したドレスに背中の肉がのっている
  • 二の腕がむちむち状態
  • ウエストがはち切れそう
  • スタイルがドラム缶
  • 「早めに体重をキープしておきたい」
  • 「ダイエット成功したことがない」
  • 「どうやって痩せたらいいかわからない」
  • 「結婚式まであと2ヶ月しかない」

 

もし当てはまる方がいらっしゃいましたら最後までお付き合いください!

 

タイムリミットが迫っている時のダイエットの注意点

結婚式が迫っているとなるとどうしても焦って痩せようとしてしまいますよね・・・

 

これを読まれている方どうか気をつけていただきたいことがあります!

 

よくハレルに来られているお客様に多い言葉が

『早く痩せるには食べないのが一番だと思っていました』

この言葉なんです!

 

焦って痩せる➡︎食べない

 

こういう落とし穴にはまってしまう方は多くいらっしゃいます。

 

ではなぜ食べないことが落とし穴になるのでしょうか?

 

「食べない」ダイエットに潜む危険

食べないダイエットに潜む危険・・・

それは

『リバウンド』『たるみ』です

○なぜリバウンドするのか

 

食べないことによってリバンドすることはみなさん想像がつくことが多いのではないでしょうか?

一つはみなさんの想像通りのことが多いのですが

痩せると安心してまた食べてしまう傾向にあるということです!

 

そしてもう一つが

筋肉の量が減ってしまう(骨格筋率が下がってしまう)ということです。

 

筋肉の量が減ると人の体では代謝が悪くなります。

 

代謝が悪くなると食べたものがそのまま脂肪にかわることが多くなりリバウンドしてしまうということが起こってしまいます。

 

○なぜたるむのか

『たるみ』という言葉は特に女性の天敵ではないでしょうか?

無理な食べないダイエットは上記の通り体の筋肉の量が減ってしまいます。

 

筋肉がある人のことをよく引き締まっていると言いませんか?

ではみなさん「引き締まっている」の反対はなんですか!?

 

そう!『たるみ』なんです!

 

ウエディングドレスを着るとなるとたるんだ体よりは引き締まった体で着たいですよね?

 

ウエディングドレスだけではなくて水着でも同じことが言えます・・・

 

皆さん頭では分かっているけどどうしてもダイエットで運動をしたくないという思いが勝ってしまうと思います。

 

最後に

もし一人で運動ができないという方は追い込まれているからこそ誰かの手を借りることが必要になってきます。

 

正しい知識正しい運動方法を行なっている施設を是非ご利用ください。

 

このブログを読まれている方が間違ったダイエットをせず健康的な痩せ方をしていただくことを願っています。

 

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.