福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

つらい花粉症を改善する方法〜根本治療〜

2019-02-24

自分で花粉症を改善する方法

こんにちは!未病リハビリセンターハレルの藤上です!

このブログはあるお客様との会話から作ろうと思いました。

 

 

藤上「今日マスクされてるんですね」

お客様「花粉症の季節になってしまって。。。この時期きついんですよ」

 

 

僕は身体の治療をさせていただいている身であるのに、花粉症であるお客様や友人、家族になんのアドバイスもできませんでした。

 

 

このブログを通して数多くの方に花粉症の改善方法や対処法が伝わればと思います。

 

 

そもそも花粉症って?

花粉

花粉症とは、植物の花粉が原因で生じる季節性アレルギー性疾患の総称です。患者数は年々増加傾向で、国民のおよそ25%が花粉症にかかっていると推測されています。

 

 

1.花粉症の原因とは?

「花粉症は身体のバケツから花粉が溢れだしたら発症する」

これは「バケツ理論」と言われ溢れると花粉症が発症すると最近よく聞く言葉ですよね。

実はこれには少々誤りがあるようなんです。

 

 

今の日本では「舌下(ぜっか)免疫療法」という保険適用の治療法があります。

 

 

これは「スギ花粉を含んだエキスを毎日少量飲み続けることで身体に慣れさせていく」という治療方法なんです。

 

 

この「舌下免疫療法」と「バケツ理論」は矛盾していますよね。

 

 

私が一番わかりやすかった花粉症になる原因の説明として「シーソー」として例えることがありました。

図1のように右に「花粉」、左に「抵抗力」があるシーソーをイメージしてください。

図2の画像は「抵抗力」が下がり「花粉」の割合が増え、Aの線を越そうとしています。

 

 

抵抗力が下がる傾向はストレスアレルギー体質遺伝なども関係しているため、必ずしも「花粉が溜まる」ことで花粉症になるというわけではないということを知っていただきたいです。

 

 

もちろん反対も言えます!

図3を見てもらえばわかるように「抵抗力」を上げてしまえばいいのです!

 

 

ではここから皆さんが一番知りたいであろう花粉症の対策についてお伝えさせていただきます。

 

 

2.花粉症にならないための対策は何をすればいいの?

先ほどお伝えしました「抵抗力」なのですが、要はこの「抵抗力」さえ上げてしまえば花粉症の対策になるということが研究の結果からでています!

上の画像が抵抗力を上げる方法と下げる要因になっています。ではこれから抵抗力を上げる方法を下記に記します。

 

 

a.腸内環境を整える

「腸内環境を整える」・・・最近注目されているワードでもあります。

 

 

どうすれば腸内環境は整うのか。それは聞いたことがある方も多くいらっしゃるとは思いますが「ファスティング」という言葉はご存知でしょうか?

 

 

「ファスティング」とは断食のことで期間内絶食して腸の中の脂肪や糖などの不純物を綺麗にリセットするということです。

 

 

私たちハレルでもダイエットコースの方などによくファスティングプログラムを進めることが多く、やはりファスティングをされた方は免疫力(抵抗力)もあがり、病気になりにくかったりしている結果が見られています。

 

 

ファスティングのやり方は様々ですがこれは専門分野の方に一度お尋ねをされた方がオススメいたします。もちろんハレルでも相談は受け付けていますのでお困りの方は是非お声かけください。

 

 

b.リラクゼーション

リラクゼーションは簡単にいうと「身体をリラックスさせる」ということです。

 

 

リラックスをする方法は人それぞれ無数に存在します。音楽を聴く、温泉に行く、本をゆっくり読む、睡眠をとるなどたくさんありますね。

 

 

ここで問題になってくるのがあなたの身体がまずリラックスできる状態にあるのかということになってきます。

 

 

人には自律神経と言って「交感神経」と「副交感神経」というものがあります。これは身体の中のスイッチをイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

 

 

「交感神経」は電源ONの状態で興奮状態を示します。

「副交感神経」は電源OFFの状態でお休みモードの状態です。

 

 

 

 

ハレルに来たことがある方は一度はお聞きしたことがあるかもしれませんが人は背骨が硬いと電源OFFの副交感神経が働きづらくなってしまいます。

 

 

ですので「身体が硬いなぁ〜」と思われる方はハレルのコンディショニングをオススメします。

 

 

c.適度な運動

これに関してはほとんどの人がイメージできると思うのですが、運動している人と運動していない人どちらの方が健康に思えますか?ということです。ここは簡単に考えていいです。

 

 

詳しいことを言うと運動によって出る身体の中のホルモンなどが関係してくるのですがそこはまた別のブログで説明して行きます。

 

 

d.紅茶

今までの上記の3つは「なかなか難しい」と言う方も多いかと思います。

 

 

ですので今度はすごく簡単な方法を紹介させていただきます!

 

 

それは皆様一度は飲んだことがあるとは思います。紅茶です!

 

 

まず紅茶の効能としてリラックス効果があります。

 

 

そしてカテキンという成分もはいっており抗酸化作用が高まる(免疫力が高まる)という効能があるのですごくオススメの飲み物となっております!

 

 

他にもよくいいと言われているのが甜茶(てんちゃ)、緑茶などがあります。必ずしも飲んでよくなると言うわけではありませんが効果・効能に関しては医学的根拠がありますのでぜひお試しください。

 

 

e.薬・免疫療法

最後にご紹介するのが薬や免疫療法と言った方法です。

これはもぅ花粉症専門の医療機関に行かれると数多くのものを紹介されると思われます。

 

 

あまりひどい花粉症の時は一度専門医に診てもらうのも一つの手段だと思われます。

 

 

よくあることが花粉症と思っていたのにハウスダストの症状だったり、鼻炎だったりと言うことがございますので、まずは花粉症と判断されてからお試しされてください。

 

 

⬇︎みなさんが知らない身体の情報配信中

未病リハビリセンターハレル 雁ノ巣店

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.