福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

ヘッダー営業時間
ヘッダー電話番号
ヘッダーメール問い合わせ

HARERUのロゴ

教えます、これが正しい座り方!!PART2


前回は、高いイスや低いイスでどのようなことに気を付ければよいかについてお話ししました。
みなさん、試してみましたか??
 ⇨ 前回のおさらいはコチラ!!

ポイントは座骨を椅子にしっかり当てて『骨盤を立てる』ことです!

今、このブログを読んでいるときの姿勢は大丈夫でしょうか??
さて、今回は座骨の位置を確認しにくい柔らかいイスではどのように座ったらよいかについて紹介したいと思います。

家やお店のソファ、車のシートなど柔らかいイスに座る機会はとても多くあると思います。

柔らかいイスに座ると、どうしても不安定になり骨盤が後ろに倒れやすくなってしまいます。

そんな時は、どのようなことに気を付ければよいでしょうか。

 

ドカッと座りたくなるソファに要注意!?

ソファでは、全身を背もたれに預けてドカッと座ってリラックスという方も多いのではないでしょうか。

14281370_721941947946579_1943385189_n

当センター長、とんでもない姿勢ですね。疲れがたまっているのでしょうか。

では、この時のセンター長の骨盤はどうなっているでしょうか?

そうですね、骨盤が後ろに倒れてしまっていますよね(骨盤後傾位)。

『骨盤を立てる』ができていない状態であると、

  1. 内臓のためのスペースが狭くなり圧迫されている
  2. 腰に負担が集中する

など未病を引き起こす原因になってしまいます。

ソファにドカッっと座ってあ~極楽、極楽と思っていても、

ソファから立ったらなんだか妙な疲労感が残っていた、なんて経験はありませんか?

 

⬇︎⬇︎動画はこちら⬇︎⬇︎

 

 

 

こう座れば疲れない!ソファに座るときのポイント

ソファであっても座り方の基本は同じで『骨盤を立てる』です。

そのために、

  1. お尻を押し込む
  2. 背もたれに密着するのは腰まで

この2点を意識してみましょう。

まず、「①お尻を押し込む」とは、ソファに深く座り、背もたれと座面の間にお尻を押し込んで座るという意味です。

14273523_721942224613218_2133921283_o-png

もし、お尻と背もたれの間にすき間があるなら、それは骨盤が後ろに倒れている証拠です。

背もたれと座面の間にお尻を押し込むことで、いろいろな方向から骨盤が支えられソファの上でも安定させることができます。

 

次に「②背もたれに付けるのは腰まで」です。

お尻を押し込んで座ると腰が背もたれに付くと思います。

これはOKなのですが、腰から上の背中も背もたれにどっかり付くのはNG!

背中は軽く背もたれに付くくらいにしましょう。

14273336_721942317946542_1690527494_o-png

背中が背もたれに付くとどうしても骨盤が後ろに倒れてしまい未病(腰痛や下肢の痺れ、肩こりなど)の原因となってしまいます。

ですから、背もたれに背中をどっかり付けない!

背もたれにどっかり付けるのは腰まで!
「背もたれ」から「腰もたれ」という名前に変えた方が良いかもしれませんね。

背もたれにドカッと座らないとリラックスできないよ~という方もいるかもしれませんが、結果的に体が楽なのは、今回紹介した『骨盤を立てる』座り方です。

だまされたと思って、ぜひ一度、自分の体で試してみてくださいね。

 

ちなみに、この姿勢を取るのが難しいよという方に裏技をお教えしますね。

それは、「腰の後ろにクッション」です。(小声)

14274280_721942401279867_972810794_o-png

腰の後ろにクッションを置くと骨盤が安定するだけでなく、背中も背もたれから離れるので骨盤が後ろに倒れにくくなるのでオススメですよ!

 

⬇︎⬇︎動画はこちら⬇︎⬇︎

 

 

 

車のシートはどう座る!?

通勤で車を毎日運転する人、週末にお出かけで長距離運転する人など、運転する機会は人それぞれあるかと思います。

では、車のシートに座るときはどのようなことに気を付ければよいでしょうか。

基本は同じく『骨盤を立てる』こと。

そのためには、

  1. リクライニングせず、シートを前に出す
  2. 深く腰掛ける

ことがポイントになります。

まず、「①リクライニングせず、シートを前に出す」とどういう効果があるでしょうか。

リクライニングを倒すと、骨盤も後ろに倒れやすいのは分かりますよね。

リクライニングを倒さないことで骨盤も立てやすくなります。

また、シートを前に出すことで膝が伸びた状態から直角に近くなるため骨盤が立ちやすくなります。

 

次に「②深く腰掛ける」は、深く腰掛けて腰が背もたれに密着することで骨盤が支えられ安定します。

運転する機会が多い方はぜひ試して未病にならない体を作っていきましょう。

 

ハレルにも車の運転時や、乗り降りの際の腰痛を主訴にお越しいただいておりますが、ほとんどの方が座位姿勢が崩れており、良い姿勢と思っていた姿勢が間違っている場合が多いです。

姿勢を保持するために必要な背骨の柔らかさや保持するための筋肉をつけていくためのリハビリを行わせていただいております。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-9-36-18

 

次回は、正しく座ることで得られる意外な効果について紹介したいと思います。

 

 

不安がハレれば、毎日がハレル♪

 

未病リハビリセンター ハレル
〒811ー0206
福岡県福岡市東区雁ノ巣2丁目23−30
📞;092−410−5862
LINE@:@weo9477q

 

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.