福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

ヘッダー営業時間
ヘッダー電話番号
ヘッダーメール問い合わせ

HARERUのロゴ

体が硬いのは筋肉の影響だけじゃなかった?!


夜も過ごしやすく、秋を感じるようになってきましたね。

秋といえば、みなさんは何を思い浮かべますか??

食欲の秋

読書の秋

スポーツの秋、、、

いろいろありますね!

涼しい日も続いて、そろそろ運動を始めようかなという方も多いと思います。

そんな方のために、今日は体の柔軟性についてご紹介します!

 

体がやわらかいとは??

体がやわらかい人は

体力がある人、若い体の持ち主、病気になりにくい、などと

良いことがたくさんあります。

実際に、「体がやわらかいですね」というのは嬉しいし、最高の褒め言葉ですよね!

体がやわらかいのは筋肉がやわらかいことだと思っている方も多いと思いますが、

実は、体のやわらかさのカギを握るのは筋肉だけではなく、関節なんです!

関節は骨と骨とをつなぐ連結器の役目をしてくれています。

たとえ筋肉だけが柔らかったとしても関節が硬かったらうまく動いてくれません。

 

関節をめいいっぱいまで開き、曲げることができる範囲を関節の可動域というんですが、

骨と骨が関節の部分でよく開き、よく曲がることができれば、

体をよく開き、よく曲げることができるので、

体がやわらかい=関節の可動域が大きい人 となります!

 

関節の可動域を大きくするにはどうすればいいの?

ずばり筋力トレーニングです!!

筋肉の力を強くする運動を行うと、筋肉とともに骨、関節に付着している腱、靭帯も刺激され、さらに柔く・強くなります

関節を動かせる可動域も大きくなります。

筋力トレーニングはきついイメージがありますが、

基礎筋力をつけるトレーニングをご紹介しますね!

 

 

基本のスクワット

リハビリセンターハレルでお客様に「スクワットをしてください」というと

意外と間違ったスクワットをしている方も多くいらっしゃいます。

 

簡単な動作でできるので、注意点をまもってぜひ挑戦してみてください!

まずは、両足を肩幅に開いて足先の角度は、15度にします。

s__8413186

膝に負荷がかかるのでおしりは下げすぎないようにし、

おしりと太ももの前を意識しながら、股関節から折るようなイメージで

太ももと地面が平行になるところまでお尻を下げます。

※注意点

・膝小僧の位置が両足指の線から前にはみ出さないようにしましょう!

・膝が内側に入らないようにしましょう!

・動作をおこなっている時は呼吸を止めないようにしてください!

 

 

脊柱の大切さをお伝えしたブログでも紹介したように、

体の柔軟性がないことで、体にこのような影響が出ます。

・筋柔軟性低下による筋出力低下

・筋柔軟性低下による筋協調性低下

・筋柔軟性低下による筋反応スピード低下

正しい運動をマスターしながら、筋力もつけ体の柔軟性を出し若々しい体を保っていきましょう!

 

未病リハビリセンター ハレルではスクワットだけではなく柔軟性や筋出力を向上させる、また、自分の身体を支えるための

ハレル式トレーニングを行っております。

・体がなんとなくダルい

・もっとスポーツでのパフォーマンスを上げたい

・痛みなく楽に生活がしたい

img_0486%e7%9f%b3%e6%a9%8b%e9%a6%99%e5%b1%b1s__11993092

などの悩みのある方々にご好評をいただいております。

ぜひ一度体験してみてください♪

 

 

不安がハレれば、毎日がハレル♪

 

未病リハビリセンター ハレル
〒811ー0206
福岡県福岡市東区雁ノ巣2丁目23−30
📞;092−410−5862
LINE@:@weo9477q

 

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.