福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

ヘッダー営業時間
ヘッダー電話番号
ヘッダーメール問い合わせ

HARERUのロゴ

第1回 ウォーキングは健康になるための宝箱!?


朝早く起きて外に出てみると、早朝から散歩をしている人を見かけたことはありませんか?近所の公園に出かけてみると、たくさんの人が散歩(ウォーキング)をしています。

近年は健康ブームも相まってウォーキングする人も増えてきていますよね。

では、そのウォーキング。

やっている方は、なぜ取り組んでいるのでしょうか?

ウォーキングはなんとなく体に良いのは分かるけど、具体的にどんな良いことがあるのでしょうか??

今回はウォーキングが身体にもたらす良い影響について紹介したいと思います。

1e26f1fdac74c4eac829a153583681d3_s

 

ウォーキングで老化を防ぐ!?

年を重ねてくると、気になる老化。

できれば年を取りたくないなと考える方も多いかと思います。

老化がさまざまな未病の原因になることもあります。

その老化を防ぐためにウォーキングはとても適しています。

人間の体にはおよそ600もの筋肉があります(平滑筋も含む)。

その筋肉、上半身と下半身どちらが多いと思いますか?

実は下半身の方が圧倒的に多いのです。

全筋肉の約70%は下半身についていて、上半身はわずか30%に過ぎないのです。

さらには、下半身の筋肉は上半身より3倍のスピードで衰えていくと言われています。

「老化は足から」と言われる所以です。

「”未病”も足から」と言えそうですね。

14329352_724849310989176_386783862_o

ギブス固定や宇宙空間などで、筋肉を全く使わないと筋力が1日で約1%低下します。

つまり、筋肉は使わないとどんどん衰えていくのです。

下半身の筋肉は、全筋肉の大半を占め、衰えるスピードも速いので、なおさらしっかり使ってあげないと、どんどん老化が進んでしまいますよね。

そこで、下半身の筋肉を老化しないよう鍛えるのに有効なのが、今回のテーマである『ウォーキング』なのです。

 

目指すは1日10000歩!

運動の基本はずばり『歩く』こと。

ウォーキングには、特別な道具も必要ないし、特別なウェアも必要ない。

場所も選ばないので、いつでもどこでも手軽に行うことができます。

ウォーキングは、一番手軽に大事な下半身を鍛えられる運動と言えますね。

では、いったいどのくらい歩いたほうが良いのでしょうか。

江戸時代の人は1日に30000歩歩いていたと言われています。

我々、現代人の目安は1日10000歩!!

1日10000歩っていったいどれくらいなのでしょうか。

14315948_724849320989175_1653806653_o

1分間に100歩のペースで歩いた場合、100分で10000歩歩く計算になる。

100分というと1時間40分なので、数字だけ見るとかなりきついなと感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、意識してウォーキングしなくても日常生活の中で意外に歩いているものです。

たとえば、電車通勤のサラリーマンの場合だと

14340038_724849327655841_1286092413_o

ちょこちょこ歩いている時間を足していくと意外と歩いていますよね。

あと、20分歩けば目安の10000歩達成です!

なんだかできそうな気がしてきませんでしたか?

 

歩数計を味方につけてウォーキング!

d402a7ef2205bb5b440ff8efeff8b095_s

歩数をかせぐ上で、意外に役立つのが歩数計。

歩数計で表示された歩数を見ると、「やったぁ!!」と達成感を感じることができたり、「うわぁ、あと少しで10000歩だ!もう少し頑張ろう!」とウォーキングに対する意識を高めたりすることができます。

具体的な数字で示された方がゲーム感覚で楽しみやすく、人のモチベーションも維持しやすいですよね。

最近は、歩数計も進化していて距離や消費カロリーが出るものもあります。

また、スマホのアプリでも歩数計があるので、手軽に利用できます。

1日10000歩のウォーキングを習慣できるよういろいろな方法を試してみてくださいね。

 

 

まずは、1日に自分がどれくらい歩いているのか、運動しているのかを見直してみることも良いことです!!

次回はウォーキングがもたらす良い効果についてさらに詳しく説明していきます。

 

 

不安がハレれば、毎日がハレル♪

未病リハビリセンター ハレル
〒811ー0206
福岡県福岡市東区雁ノ巣2丁目23−30
📞;092−410−5862
LINE@:@weo9477q

 

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.