福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

ヘッダー営業時間
ヘッダー電話番号
ヘッダーメール問い合わせ

HARERUのロゴ

よくある質問

他の病院・治療院とどこが違うの?
一般的なマッサージサービスではなく疼痛や身体の不調がなぜおこっているのかを測定機器や問診をもちいて根拠のある治療を提供します。また、その治療技術においても他にはない圧倒的な治療技術にて治療を展開いたします。また、理学療法士(国家資格)が他ではできない治療をお客様へ提供いたします。 ①症状には必ず原因がある ②症状の原因である根本に対してのアプローチ ③再発しない身体づくり ④リラクセーションのみではなく施術も行います ⑤身体の悩みに対する他にはない新たな選択肢を皆さまに提供いたします
未病ってなに?
当店では「 病気ではないが、健康でもない状態。自覚症状はあるが検査結果に異常がない場合」を未病として大きく取り扱っております。例えば、身体の不具合があって病院に行ったが、検査で異常がないと言われて湿布だけもらってリハビリをしてもらえない方も多くいらっしゃいます。 1995年(平成7)に設立された「日本未病システム学会」によると、未病は「西洋医学的未病」と「東洋医学的未病」に分かれます。 西洋医学的未病とは「自覚症状はないが、検査で異常が確認された状態」で、高血圧、高脂血症、高血糖、肥満、動脈硬化、骨粗鬆(こつそしょう)症などがあり、さらに2008年(平成20年)から厚生労働省が保険者に特定健診の対象と義務づけた「メタボリック症候群」などがあります。 東洋医学的未病は「自覚症状はあるが、検査で異常がない状態」のことで、だるい、肩こり、冷え、のぼせ、疲れ、手足のしびれ、めまい、食欲がない、元気がない、など、何となく調子が悪い状態のことをいいます。 当店では「 病気ではないが、健康でもない状態。自覚症状はあるが検査結果に異常がない場合」を未病として大きく取り扱っております。 (日本大百科全書(ニッポニカ)より一部引用)
腰痛って治るの?
腰痛は痛みのある部分だけではなく、足や膝、肩など様々な部位の不具合によっても生じます。腰は漢字で『月(にくづき)』に『要(かなめ)』と表すようにいろいろな器官と密接につながっています。長年痛みがあり時間をつくって病院へ受診しても、レントゲンやMRIで異常が見つからず湿布や痛み止めで痛みが引くことを待っていませんか? 当店では生活習慣や身体の癖・使い方から原因を根本から見つけ、説明を行った上で施術いたします。
予防方法はあるの?
人それぞれ顔や性格が違うように予防方法も癖や身体の使い方、症状によって様々です。当店では生活習慣や評価を基にお客様に合った予防方法を提供いたします。
痩せられるの?
ダイエットに必要な要素として筋力トレーニングだけでなく、その筋肉をうまく使えるような身体・姿勢へ変化させていくことが大切です。 身体の状態評価し、変化させることができるプロスタッフが根拠に元づいてお客様にあったプログラムでサポートいたします。また、当施設での運動のみならず、普段の生活や食事内容などを医学的知見に元づいてアドバイスすることも可能です。気軽にご相談ください。
なぜ、膝が痛いのに背骨を整えると痛みが軽減するの?
歩いたり、運動したりするときの衝撃は膝や股関節で吸収しているのではなくて、実は80%〜90%は背骨が行っています。足に痛みがある方は姿勢がくずれていることが多く、また、体が硬い方が多くいらっしゃいます。 姿勢が悪くなることで本来衝撃吸収機能に優れている背骨が衝撃吸収できなくなり、その衝撃が膝に負担をかけて痛みが出現している方が多くいらっしゃいます。その負担を軽減するために背骨を整えることが大切です。
膝の水を抜くと癖になるってどういうこと?
膝に水がたまると痛みが出現したり、動きが制限されます。この水を抜くだけでもある程度は楽になりますが、抜くだけであれば何度も繰り返します。それはなぜかというと、膝に水が溜まる方は常に膝に負担をかけているからです。膝に負担をかけない生活を意識する事が大切です。 ハレルでは、炎症症状に合わせながら膝に負担をかけない身体作りを提供いたします。膝に負担がかかっている方は体が硬くなっていることが多くあります。背骨を整えることで衝撃吸収を和らげることができ長年の膝痛が解消する人が多くいらっしゃいます。
コンディショニングってなに?
今日は体調が良かった、悪かった。そのような意味に使われているのが“コンディショニング”という言葉です。 しかしコンディショニングという言葉が本来指している意味は、一般的に使われている体調という意味だけではなく、その他にも多くの意味が含まれています。 •身体的(筋力、柔軟性、持久力など) •精神的(ストレス、プレッシャーなど) •栄養(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、酵素など) •休養(リラックス、疲労など)本来のコンディショニングが指す意味の中にこれらの要素すべてが含まれています。これらのバランスが取れていることが最も良いコンディショニングといえます。 ハレルの施術では特に、身体的・休養の側面においてお客様の症状に合わせて適切なコンディショングが提供できるよう、カウンセリングや身体評価を用いてお客様にあったコンディショニングを提供いたします。 また、精神的、栄養側面においてもお客様とのカウンセリングの中や相談いただけるとアドバイスさせていただきます。
筋肉は脳の命令によって働いているってどういう意味?
体を動かしたり、スポーツや普段の生活において体の動きを調整しているのは筋肉です。その筋肉を動かしているのは私たちの脳なのです。脳は、膝や手などの各関節に存在する固有受容器と情報のやりとりをしています。固有受容器とは、今の関節が動いている位置や筋肉がどのくらい疲れているかなどの情報を常に脳に情報を送っています。いわば関節それぞれにICチップのような精密機械が組み込まれているのです。そのICチップからの情報を脳が受け取って、状況に応じて脳が筋肉に命令し、体を動かしています。 靭帯損傷や怪我をしてしまうと、その固有受容器に異常が生じてしまい今の関節の曲がり方や筋肉の情報を間違って脳に届けてしまうため頭では以前と同じように歩いたりプレーを思うようにできなくなってしまったり、怪我を再発してしまいます。ハレルでは、この情報のズレを正しい運動によって修正することで歩行時の違和感やスポーツでのパフォーマンスを向上させることができます。
捻挫が癖になるっていうのはなぜ?
捻挫は皆さんがよく起こす怪我なので軽くみられていますが、靭帯損傷なのです。捻挫により靭帯を伸ばしたり断裂してしまうと足が今どのように動いているか脳が判断できなくなります。靭帯は本来、関節がある一定以上曲がったり、動かないように関節の動きを止める役割があり、伸ばされると伸びたという情報を脳へ送っています。その靭帯が一度損傷すると手術以外には元の長さへは戻す方法がありません。そのため損傷してしまった後は自分の足がどのように動いているのかわからなくなり、痛みが軽減し運動を再開しても同じような動作ですぐに捻挫しやすくなります。これを予防するには当施設では筋肉を用いて捻挫を予防します。脳は、筋肉に伸び縮みの指令を出すだけでなく、筋肉からも今どのくらい伸び縮みしているか情報を受け取っています。捻挫によって生じた誤った運動を筋肉の動きによって再学習させ脳に正しい情報を送ることで捻挫を予防できます。
手術をしてもしばらくすると症状が戻るのはなぜ?
膝や腰に痛みが長年あり、手術を決断されるかたは多くいらっしゃいます。手術をすることによって痛みの部位が除去されることはとても良いことです。その後のリハビリでは手術部位が再び活動できるように運動を行うと思います。 しかし、その時は症状が軽減していても数ヶ月、数年すると症状が出現する方が多くいらっしゃいます。その原因は、もともと膝や腰などの症状が出現した根本の原因を改善しきれていないからです。膝や腰が痛くなった理由は、背骨の動きが悪かったり、以前、足首を捻挫したことがあったり、首や顎の噛み合わせなどによってもたらされることもあるのです。その根本を改善しない限り、再び手術部位に負担がかかり、痛みや症状となって現れるのです。 痛みが本当はどこから出現しているのかを評価し、改善に向けて治療・改善することが大切です。
手術した後の不具合も対応できますか?
できます。ハレルスタッフは理学療法士という資格を持っており、元々病院のなかでリハビリを行っていました。病院でのリハビリは期間が決められており、痛みはまだある、歩き方が前と違うけれど、歩けるようになったら退院する方がほとんどです。 当施設では退院したけど、歩き方を変えたい、痛みを軽減したい、家でできる運動を教えて欲しいなど皆様の不安に対し協力させていただきます。
肩こりってなんで起きるの?
原因はさまざまあります。精神的なストレスや目の疲れ、姿勢の悪さや運動不足、また整形外科的疾患からくるものや内科的疾患からくるものなど計り知れません。 ハレルでは、日常生活も含めしっかり問診・評価させていただき、原因を追求して施術させていただきます。根本的な原因としては、背骨の柔軟性が低下していることがほとんどです。背骨の柔軟性が低下することで背骨の周りの筋肉まで硬くなり、それがこりとして現れるのです。頭はボーリングほどの重さがあり、背骨はその頭を支えなければなりません。そのため、頭が身体の前に位置してしまう方は肩こりでお悩みの方がほとんどです。ハレルではしっかり背骨の柔軟性を出して、頭を背骨の上に乗せてあげることでこりは軽減し、肩こりは改善する方が多いです。

猫背は治るの?
猫背の原因も筋肉によるものや背骨の硬さによるものなどさまざまです。そして生活習慣も大きく関わってきます。ハレルでは、原因が何であるのかをしっかりと評価させていただき、相談を行った上で施術をさせていただきます。 根本原因は背骨の柔軟性が低下していることがほとんどです。頭はボーリングほどの重さがあり、背骨はその頭を支えなければなりません。猫背では頭が身体の前に位置してしまうため、その重さを保とうと背骨・筋肉を固めてしまっているのです。そのため、ハレルではしっかり背骨の柔軟性を引き出して、頭を背骨の上に乗せることを覚えさせてあげることで猫背は改善します。
リハビリとコンディショニングの違いって何?
リハビリコースでは、短期間で症状をすっきり改善させたい方や全身をしっかりと評価、メンテナンスしたい方、パフォーマンスを向上させたい方を中心に施術をさせていただいております。コンディショニングコースでは、全身を調整して動きやすい身体をつくりたい方や、全身のリラクゼーションを行いたい方を中心に施術させていただいております。
悩みがハレルコースと疲れがハレルコースの違いって何?
ハレルではしっかりと背骨の柔軟性を引き出していきます。悩みがハレルコースでは、短期間で症状をすっきり改善させたい方や全身をしっかりと評価、メンテナンスしたい方、パフォーマンスを向上させたい方を中心に施術をさせていただいております。全身の調整はもちろんですが、基本的には、根本原因である背骨の調整から施術させていただき、その方に適したストレッチやトレーニングなども実施しております。疲れがハレルコースでは、全身を調整して動きやすい身体をつくりたい方や、全身のリラクゼーションを行いたい方を中心に施術させていただいております。疲れの原因をしっかり追及し、バックアップしてさせていただきます。どちらのコースも精神面・身体面フォローさせていただいております。
パーソナルトレーニングって何?
ハレルで実践しているトレーニングは器具を使ったトレーニングではなく自分の体の重みを利用して行うトレーニングです。筋肉の使い方がジムのトレーニングとは違うため、筋肉が引き締まりスマートな体型を築くことができます。その方の体の作りや痩せやすさ・太りやすさを考慮しながらトレーニングが行えます。もちろん運動に自信のない方でも負荷量を調整しながら行えるので楽しみながら行うことができます。特に女性の方に大人気のトレーニングで、手足は太くなりたくない・引き締まったボディになりたいという方にオススメのトレーニングです。また、スポーツ選手やスポーツをしている方に対してのトレーニングでは普段無意識に行っている悪い動作を気づいていただき、怪我の予防やパフォーマンスの向上にも繋げていただきております。 もちろん、ご要望に合わせて筋肉のボリュームを増やしていくトレーニングも行えますのでお気軽にご相談ください。

ファスティングって何?
ハレルでは酵素栄養学に基づいてファスティングをしていただいております。よく言葉を耳にする『ファスティング』ですが、やり方も考え方もお店によって違うことを知っていますか? 中には『ファスティング』=『断食』のイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、ハレルで行う酵素栄養学に基づくファスティングでは『断食』は行いません。 今まで体に蓄積してきた有害な物質を除去し、口にする食べ物をより良いものにしていく必要があります。ハレルでは酵素ドリンク・ファスティングアシスト食・ボディメイクサプリメントを使用し腸内環境を整美するためのファスティングを行なっていきます。開始する時期やプログラム内容も、その方の今までの食生活や生活リズムを考慮し行なっていきますので効果抜群です。
首を動かすと痛みが出るのは治りますか?
首の運動でよく痛みが出るのは首を後方に反らした際や首を左右に傾けた際、首を横に回した際、首を前方に曲げた際です。首は関節を大きく動かすことができるため、様々な原因があげられます。首の周りには大小30以上の筋肉が着いており、関節の運動を行っています。その筋肉の不具合や不動・バランスの低下によって運動時に痛みが出現しやすいです。 また、硬くなった筋肉は柔軟性がないので、柔軟性がなく固まった状態で関節を動かすと、急に筋肉が伸ばされ、筋肉がついている部分や固まってしまった部分に痛みが出ることが多くあります。 そのため問題に対して柔軟性やバランスのリハビリを行い、周囲の筋肉が硬くならない様にする必要があります。また、首の土台になっているのは背骨なのでこの土台が崩れていると首にも負担がかかってしまい症状を引き起こしていることがあります。 同じ首の痛みでもさまざまな原因があるため何が原因で不具合が出ているのかをしっかり解明し、リハビリを行っていく必要があります。

股関節の手術をしたのにまだ痛みがあるのはなぜですか?
痛みをとるために手術をしたのに手術をしてから痛みが残っていたり、しばらくしてから痛みが出てしまうことが多々あります。それを手術をしたから仕方がないという方が多くいらっしゃいますが間違いです。手術をすると骨、靭帯、筋肉等は修復されるのですが、一度皮膚や筋肉、靭帯にメスが入っているため感覚にズレが生じてきます。その感覚のズレに対してリハビリを行わないと筋肉が正しく反応せず痛みが出てしまうことが多いのです。手術をすると筋肉でサポートする様にアドバイスされるのですが、筋肉をつけたとしても感覚にズレが生じていると肝心筋肉の反応が遅れたりうまく力が入らなかったりして関節をサポートすることができません。そのため手術をした後、また捻挫や脱臼をした後は感覚のズレに対するリハビリを行わないといつまで経っても痛みや違和感が改善しないことが多いのです。
長時間座った後に立ち上がろうとすると膝に痛みが出るのはなんでですか?
ずっと座っている状況だと膝についている筋肉はあまり伸び縮みせず、筋肉が縮こまったままや伸ばされたままの状態で保持されます。膝に痛みの出る方は膝自体にも問題があり、問題のない筋肉よりも硬くなりやすいという特徴があります。そのため筋肉に動きがなく、ある一定のままで保持されるとその状態で固まっていきます。固まった筋肉は柔軟性がないので、柔軟性がなく固まった状態で立ち上がると、急に筋肉が伸ばされ、筋肉がついている部分や固まってしまった部分に痛みが出ることが多くあります。そのため膝の問題に対してリハビリを行い、膝関節周囲の筋肉が硬くならない様にする必要があります。
インソールって何?
インソールとは靴の中に入れる中敷きのことです。アーチを支えて、足のバランスの崩れを正す目的があります。扁平足の方は内側に重心が変位し、カラダのバランスが崩れやすく、歩き方も足が内側に崩れてしまうことが特徴です。これには「捻挫したことによって外側に体重をかけたくない」、「運動不足や体重増加によってアーチを保つことができない」「自分に合わない靴(大きすぎる・窮屈)を履き続けた」など様々な原因があります。そんな内側に重心が変位してしまった姿勢や歩き方を戻してくれるのがインソールです。インソールには足底板が挿入されており、この足底板によって身体のズレが整えられることで筋肉が正しい位置で機能することができます。そうなると筋肉が働きやすくなるので楽に、無理なく歩いたり、運動をしたりすることができるようになります。
Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.