筋肉の働き ケガをしなにはどうすればいい?!

sub-top-1

 

筋肉は運動の方向によって、使う筋肉は変わってきます。

歩いたり、走ったり、投げたりする時はこの運動方向の筋肉を用いて動作を行っています。

相反する筋肉はどの部位にも存在していて、それぞれが協調し合ってアクセルやブレーキなどを行っています。

なのでどちらかが強かったり、弱かったりすると怪我の原因になりやすいです。

トレーニングで筋肉を鍛える時は、拮抗する筋肉をバランスよく鍛えることが大切になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください