スクワットの正しい行い方

sub-top-1

 

スクワットは足やお尻の筋肉だけでなく、全身の筋力が鍛えられるため、王道のエクササイズです。

みなさんも1度は行ったことはあるのではないでしょうか??

しかし、最近こられているお客様にスクワットを行ってみてと言うとほとんどの肩が間違った方法で行っています。

それでは効果的なエクササイズが行えません。

今日はそんなスクワットのやり方を紹介しようと思います。

1、足は肩幅に広げ、目線は正面を向きます。

2、背中を丸めないように注意しながら、お尻を後方へ引くイメージで股関節と膝を曲げていきます。

  最初は手を足の付け根において股関節を曲げる感覚を持つのもいいと思います。

3、できるだけ太ももが床と水平になるまでしゃがみ込みます。

 前から見た時に、膝が内側に入らないようにしましょう。

 

目安としては、5〜10回

筋出力を向上させたい方はバーベルを持って行ってもいいと思います。

しかし、動作は崩さないように注意しましょう。

 

ポイント:胸を開き、背中を丸めずに、ゆっくりとしゃがみこんでゆっくりと立ち上がる!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください