正しい姿勢とは??

sub-top-1

 

「姿勢を正して」といろんな場面で言います(学校、会社の朝礼、集会、給食など)が、

立っているときは気をつけの姿勢をとり、座っているときは背筋をピンと伸ばします。

確かに気をつけの姿勢は脊柱ラインをしっかり固定してピンと立てた「正しい姿勢」「よい姿勢」のひとつではあります。

 

しかし、首からお尻まである脊柱には26個の骨があって、それぞれが関節でつながっています。

詳しく言うと、脊柱は

1~7番までの頚椎

1~12番までの胸椎

1~5番までの腰椎、仙骨、尾骨でできています。

私たちの体にはムダなものが一切ないと考えると、

なぜ脊柱は椎骨が重なるように関節がつながっているのでしょうか?

 

正しい姿勢がまっすぐだけなら1本でいいはずではないでしょうか??

それは背骨を丸めたり、反らしたり、捻ったりと動かすことが前提だからです!

(反った形、丸めた形、捻った形)

よい姿勢とはさまざまな動きの中で意識しなくても、そおのときの状況に応じた最善の脊柱の形になれることが正しい姿勢のことを言います!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください