肩の挙がりは背骨で決まります!

sub-top-1

 

肩を挙げた際に、最後の最後で詰まる感じがあるかたは多くいらっしゃるのではないでしょうか??

そういう肩の問題点は肩だけではなく、背骨特に胸椎の動きがないことが原因です!

肩を上げる時は最初の60度は肩甲骨が動くことによって上がり残りの120度は上腕骨で上がるとされています(肩甲上腕リズム)。

この最終可動域では上腕骨がはずれたり不安定にならないように胸椎が動いて受けになる必要があります。

この受けがない(すなわち動かない)ことで肩の最終域で詰まる感じがでてきてしまします。

この胸椎の動きを改善すると肩の柔らかさが改善されます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください