ホルモンバランスが崩れると関節痛がでやすくなります

sub-top-1

 

ホルモンバランスと関節障害

女性ホルモンについて 女性ホルモンには2種類のホルモンがあります

○エストロゲン:月経~排卵まで

○プロゲステロン:排卵後から分泌量が増加してくる。

特にエストロゲンの減少は手指及び手関節の変形性関節症や腱鞘炎に影響を及ぼします。

 

ストレスが女性ホルモンに及ぼす影響!?

女性ホルモン自体は卵巣からのみではなく、脳からの指令を受けて女性ホルモンが分泌されています。

ストレスにより脳が混乱しホルモンバランスが崩れると、

関節を支えている軟骨や筋肉に衰えが生じ、

また、血行も悪くなることで手関節障害や腱鞘炎が引き起こされるというものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください