福岡市東区雁ノ巣の整体・マッサージ 未病リハビリセンターハレル

未病を改善するストレッチポール4つの効果

2017-11-07

こんにちは!未病リハビリセンターハレル の横山です。

なかなか運動が苦手だな〜という意識の方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回はこれまでハレルblogでも出てきました

ストレッチポール」の効果についてご紹介いたします。

 

 

ストレッチポールだと、お家の中でできるため、

冬でも体を動かすことができますね。

 

 

ストレッチポールを持っていない方はこちらをご覧ください

センター長香山がストレッチポールの代用のやり方をご紹介させていただきます!

↓↓↓

このように簡単に代用品も作れるのでおすすめです。

それでは解説して行きますね!

 

ストレッチポールの効果

ストレッチポールの効果は大まかにこの4つがあげられます♪

1「筋肉が緩む

2「骨格が整う

3「呼吸が深くなる

4「脳がリラックス

それぞれ詳しくご紹介していきます!

 

1筋肉が緩む

人間は、寝ている時こそ全身の筋肉がリラックスしていると思いがちですが、それは間違いです。

 

朝起きた時の体の疲れがとれていないと感じるのはそのためです。

 

ストレッチポールに乗る

⇨体の外側の筋肉が緩む

 

エクササイズをする

⇨体の奥の筋肉も緩む

 

このようにストレッチポール を使うことにより完全なリラックス状態になります。

 

その証拠にストレッチポールの使用後に床に寝ると、寝る前はつかなかった背中全体がべったりと床につくのを感じます。

 

これは筋肉が完全に緩んだ証拠で、ストレッチポールは緊張がほぐれにくい部分の筋肉まで緩めてくれます。

 

2 骨格が整う

人間の体は、本来ゆるやかなS字のカーブを描いています。

 

しかし、パソコンやスマホを見ることが多い現代の生活では、知らず知らずのうちに前屈み姿勢になってしまっているのです!

 

このような猫背が続くと、骨格は普段の姿勢によってすぐにゆがみ、肩こりや腰痛などさまざまな不調を引き起こします。

 

未病につながりますね!!!!!

 

ストレッチポールに乗ると、体の外側と深部の筋肉が緩まるだけではなく、骨のひとつひとつも動きやすくなり骨格のゆがみや関節のズレが効果的に改善します。

 

背骨は本来のS字カーブを取り戻し、骨盤の動きも改善します!

 

3 呼吸が深くなる

姿勢が悪くなり、前屈みの姿勢が習慣になっていると、肋骨が浅くなりやすくなります。

 

ストレッチポールに乗ると、自然と肋骨が左右に広がり、その状態でゆったりとした呼吸を続けることでリラックス状態になります。

 

この肋骨の動きや呼吸を習慣にすると、普段の呼吸も深くなっていきます。

 

すると肺活量が増えて持久力がアップし、疲れにくくなります。

 

酸素が多く取り組めるようになると脂肪が燃えやすくなるため、痩せやすい状態にもなります!

 

副交感神経が優位になるため、寝付きやすく睡眠の質も上がり、疲労も回復しやすくなるのです。

 

4 脳がリラックス

人間の脳は、立っている時も、歩いているときも、その動きに対して常にどうあるべきか監視し続けています。

 

多忙な仕事は体が緊張し続けているため脳も緊張モードに。

 

すると夜寝る前にもリラックスモードにならず、不眠になりやすくなります。

 

おすすめは、夜寝る前にストレッチポールに乗ることです

⇨全身の筋肉が緩んで完全にリラックスして体がストレスから解放されます。

 

脳は体を見張る必要がなくなり、リラックスモードに切り替わります。

 

またストレッチポールを使った人の多くが、「とてもよく眠れるようになった」と感じるようです。

 

「体が硬いな…」

「疲れがなかなかとれない…」

「体を動かしたいけど、何をしたらいいかわからない…」

と感じている方!

 

ハレルblogやセンター長の部屋でも

エクササイズ方を紹介しているので是非ご覧ください♩

【不安がハレれば、毎日がハレル♪】

未病リハビリセンターハレル

〒811-0206

福岡市東区雁ノ巣2-23-30

☎︎092-410-5865

https://hareru.net/

Mail:hareru0215@gmail.com

LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40weo9477q

Copyright © 未病リハビリセンターハレル All rights recerved.