「歩く度に膝が痛い」2回で痛みがなくなった方法とは?

膝がジンジン痛む

今回の記事は、膝の痛みが改善したというAさん(60代の女性)のお話です。

長年、膝の痛みに悩んでいました。

病院や整体に通われましたが、さほど変化はなく、「このまま膝の痛みと付き合っていくしかないのか」と途方にくれていたそうです。

当院で治療を始めて2回目、膝の「ジンジン」とするような痛みは改善し、「痛みなく歩けるのが嬉しい!」と笑顔を見せて下さいました。

  • 長年の膝の痛みを抱えている
  • どこに行っても治らなかった
  • 歩く時に「ジンジン」した痛みがある

という方への参考になれば幸いです。

どんな悩みだったのか?

膝の痛み女性

Aさんは長年の膝の痛みが悩みでした。

歩く時にも動く時にも常に「ジンジン」とした痛みがあり、「どうやったら治るのか」と治療法を探し続けていました。

いくつもの病院や治療院にいくも「対して変化がない」、「説明がよくわからない」など、自分が納得できる所がありませんでした。

そんな中、自宅にチラシ入っており、当院の事を知ったそうです。

原因

膝が痛む原因

Aさんの膝の痛みの原因は、「動く際に、膝が内側に曲がる」という事でした。

「特に内側に痛みを感じる」という症状は内側の筋肉を傷めている可能性が高いです。

本来、膝が曲がる際には、真っすぐ曲がります。

しかし、

  • 体が硬い
  • お尻の筋肉が弱い
  • 足首が不安定

などの要因があると、膝が内側に曲がりやすくなります。膝が内側に曲がる

すると、本来の動きから逸脱し、内側の薄筋、縫工筋という筋肉にストレスをかけ続けてしまうのです。

縫工筋、薄筋

治療法

Aさんに必要なのは、「膝が曲がる時に内側に入りやすい状態の改善」でした。

本来の「真っすぐ曲がる」という動きを膝や脳に覚えてもらうことにより、膝の内側にある、薄筋と縫工筋へのストレスが軽減し、症状は緩和していきます。

治療後は?

施術を始めて、2回目でAさんは膝の痛みを忘れるほど症状が改善してきました。

1回目の施術後は、足の筋肉痛のようなだるさがあったそうですが、2回目は歩く時の痛みを忘れるほど症状が改善していました。

今後、外出することが楽しみになったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください