ハレルスポンサー契約選手&サポート選手

成松 亮介 選手
プロゴルファー

PROFILE

所属先:ザ・クイーンズヒルGC

出身地:宮崎県

生年月日:1991年10月23日

身長:185㎝

体重:83㎏

出身校:宮崎日大高校 →長崎国際大学

ゴルフ歴:8歳~

RECORD

2010年日本学生 8位
2014年プロ新人戦 優勝
2018年九州サーキット トヨタカップ優勝

 

 

牧坂 孝作 選手
プロゴルファー

PROFILE

所属先:アコーディアガーデン福岡

出身地:福岡県

日本プロゴルフ協会 入会(1992年)

RECORD

1995

関西PGAフィランスロピー 優勝

1999

デサントチャレンジカップ 優勝

1999

チャレンジツアー 賞金王

2000

日本オープンゴルフ選手権競技 4位

2000

賞金ランキング 39位

2001

日本ゴルフツアー選手権 9位

2001

賞金ランキング 55位

森 正尚 選手
プロゴルファー

PROFILE

所属:芥屋ゴルフ倶楽部

出身:熊本県

出身校:沖学園、日本大学

ゴルフ歴:9歳~

日本プロゴルフ協会入会(2007年) 

身長:180cm  体重:95kg

今福 宇輝人 選手
プロゴルファー

PROFILE

所属先:福岡地行

出身地:福岡県

身長:178㎝

体重:77㎏

出身校:沖学園

ゴルフ歴:9歳~

2019年 プロテスト合格

中道 洋平 選手
プロゴルファー

PROFILE

所属先:福岡雷山GC

身長:171cm

体重:67kg

出身地:長崎県

出身校:東北福祉大学

ゴルフ歴:12歳~

2007 日本学生ゴルフ選手権優勝

角 海利 選手
プロゴルファー

PROFILE

所属先:フリー

出身地:東京都    

出身校:代々木高校

ゴルフ歴:15歳~

身長・体重:181㎝・78

Youtubeにてゴルフ解説中 TK partners

アジアジュニアゴルフ協会

 

ACプリメーラ

スポーツ選手のサポートってどんなことするの?

ハレルトレーニング1
スポーツ選手のサポートは、体の状態を整え、最高のパフォーマンスに繋げるためのお手伝いをします。
そのために、体のケアやトレーニングの指導、体作りのための食事の指導を行っています。

トレーニング

ゴルフジュニアの【ハレルトレーニング】一部のをご紹介します。

ゴルフのトレーニングってどこを重点的に強化するかご存じですか?
未来のプロを目指すジュニアゴルフをサポートしている「ハレルトレーニング」の一部をご紹介します。

【スイング時にぶれない体幹を鍛える方法】

  1. セラバンドを太ももに巻き、足を開く(膝と足が同じ向きになるように)
  2. ボールを片方から大きく振り下ろし、真ん中で止める(体がぐらつかないように) これで、上半身の重さに耐えられる体幹を鍛えることができます。

ぜひ実践してみてください!
以前は、別のトレーニングジムに通われていましたが、いまいち効果があるのかわからなかったそうです。
ハレルトレーニングを始めて「体幹と足に力が入りやすくなった」、「効果がすぐに出る」、「きつさが違う(笑)」と効果を実感しています。

食事のサポート


食事のサポートは、
・問診
・血液検査
・In Body検査
・内臓の秘孔検査
を元に問題点の改善の為の30日分のレシピを作成しお渡ししています。
その後はLINEにて毎食の写真を送ってもらいアドバイスします。

  • LINEでの食事サポートの一部をご紹介


1日に食べた食事をLINEで送ってもらい、アドバイスします。
選手からも「これを食べてもいいか?」という相談をよく受けております。
「無駄な物を食べなくなったため、余計な脂肪が落ちた、体が軽くなった」とコメントをいただいています。

選手からのよくある質問

Q1:運動前は何を食べるといいですか?
A:すぐエネルギーになるような、おにぎりやバナナなど糖質の多いものが望ましいです。
運動の75分前までに食べると一番いいですね!

Q2:間食は何を食べたらいいですか?
A:低糖質のもの

Q3:朝が早くてあまり食べれない時に食べる物は何がいいですか?
A:オレンジジュースなどから糖質を摂取。余力があればおにぎりや果物が理想です。

Q4:トレーニングの後に食べると筋肉になるものは何ですか?
A:豚肉が1番です。ねぎやにら、にんにくと組み合わせると吸収率が高まり筋肉になりやすいですね。

なぜスポーツ選手に食事管理が必要なのか?


体を動かしている、関節や筋肉・神経の最小単位は細胞です。
この細胞は食べた水分やタンパク質などで形成されています。
何気なく口にしている、糖質を摂りすぎると体は硬くなり怪我をしやすくなります。逆に、タンパク質やビタミンを多く取る方はや体が柔らかく怪我しにくくなります。

スポーツ選手は体が商売道具なので、その体を構成している食事を徹底的に管理することで最高のパフォーマンスを常に引き出すことができます。
大会で最高の結果を出すためには、日々の食事から体を作ることが必要なのです。

詳しくはこちらから↓